稽古場日誌十一日目


今日から二日間演出家がいない稽古が始まる。
でも、その代わりに特別ゲストが来てくれるとのことだった。
そのゲストの前で、一人芝居をすることになっていたので、稽古が始まる前に来て、ガッキーと二人で作り上げていた。
それからしばらくして、ゲストのYさんが来てくださって、麦藁帽子を使った二人で狂うを一人でやった。
麦藁帽子を相手役に見立てて、俺が男役をやるというものだった。
ん〜、結果的にはなんともいえないものだったが、Yさんはおもしろかったと言ってくれた。
しかし、演劇というよりも、隼ショーという感じだったそう。
それだとエンターテイメントな感じなんだろうか。

その後、役者の色々な舞台をやるにつれての細かい技術のアドバイスを頂いた。
呼吸のこと、自然にセリフを言うこと、声の高低の使い方、身体のしかけのこと、物や人との関係、動きなど・・・
本当にためになりました。
これを実践したり、研究したりして自分の身に染み込ませていきたい。
それからYさんは他の用事があるので夕方頃に帰られました。

Yさんが帰ってしまったあと、残り時間は来週の土曜日にやる一人芝居のプランなどをガッキーと考えた。
必死に色々と案を出したり、やってみたり、なんだりしてるウチにあっという間に時間がきてしまった。。
でも、それなりの案が何個か出たので一応、メモっておいた。
そんなに時間もないので、早めに決めないといけない。
さあ、頑張るぞ。
[PR]
by uronna | 2010-07-17 22:20 | 稽古場日記

復活。


by kawasaki Alice
プロフィールを見る
画像一覧