エッセイ教室 その3

次の作品です。

--------------------------------------------------------


 イギリスの有名なミュージシャン、The Beatlesの曲に"All you need is love"という歌があります。「愛こそすべて」というこの言葉を"Love is all"として教えてくれた人がいました。
 私が中学三年の時の担任はとてもユニークな人でした。彼は学校行事にやたら熱く、口を開けば駄洒落が飛び出す人で、生徒から(別の意味で)人気を集めていた教師でした。この他にも幾つかの武勇伝がある彼ですが、そんな彼にはお気に入りのある言葉がありました。その言葉こそ「愛こそすべて」です。
 この言葉も彼の武勇伝の内の一つだが、今にして思うとこの言葉の重要さが分かる。
 今年は東日本大震災もあり、何かと人々の繋がり・・・つまり「愛」というものが重要視された年でした。今日に至るまで被災地復興のため様々な人が協力してきました。また、今後もこの絆が潰えることはないでしょう。このことから愛くしみこそが人々を繋ぎ、被災地を復興へ導くと言えるでしょう。それだけではありません、この震災によって実に多くの人が様々な形で「愛」を認識したことでしょう。
 つまり、彼の教えてくれたこの言葉は紛うことなき事実なのです。私はこの言葉を教えてくれた彼のことを誇りに思います。そして私はこの言葉一人でも多くの人に伝えていくことが彼の生徒としてやるべきことだと思いました。

 愛こそすべて。

--------------------------------------------------------

中学校の時の先生の印象深い言葉から、東日本大震災に見舞われた今の
日本に思いを致す、そんなエッセイですね。

あなたは、先生に言われてこの曲を聴いてみたかな?
「LOVE」という言葉が沢山出てきますね。
あなたなりの「愛」にもっと言及すれば、読み応えのある
エッセイになります。震災についても、自分の見解を述べてみる、
どういうときに「愛」を人々が認識した、と思うのか。

そして、先生の言葉を伝えようと、今どんなことを実践しているのか?
などを書いてくれると、どんどん読みたくなります。

あなたも、もう少し長い文章を書いてみるといいと思います。
全体の構成力がつくと、面白い書き手になりそうです。



おつかれさま!
[PR]
by uronna | 2012-01-04 15:31 | 稽古場日記

復活。


by kawasaki Alice
プロフィールを見る
画像一覧