エッセイ教室8

「先生」のエッセイ第八弾。


------------------------------------------------------------

正直俺は良い先生に巡り合った事が無いのですが、一番思い入れが強かった先生について語ります

俺が最初に中学に入る時のこと
小学校を卒業して、中学校に入る俺は不安でいっぱいでした。
小学校の頃の友達はたくさん居るものの、もっと色んな小学校から生徒が来るという訳で、
もし特に仲の良かった友達と離れてしまったら非常に人見知りである俺は為す術がありません。

校門の近くに誰がどこのクラスか書かれている看板がありました。幸い仲の良い友達であったS君と一緒になる事が出来ました。

中学一年の担任の先生は優しそうな女性で、小学生時代楽に育ってきた俺は心から安堵したのでした。

幸運なことに、中学校でも友達を作る事が出来たのです。

しかし、仲の良かったS君はオタクグループに所属してしまいました。
当時はそういう趣味は全く興味が無い俺はグループが盛り上がっているといつも孤立してしまいました。
それでも休み時間はかろうじてグループに入ることはできていました。

そのまま何ヵ月か過ぎたある日、頭はまだ小学生の俺は掃除の時、体操着姿のY君のズボンを後ろから脱がす非常に低レベルな遊びをしていたところ、
なんと担任の先生に叱られてしまいました。
なぜこんなに怒られなければならないのか、俺はあまり反省せずその後も、W君の尿検査の結果の紙をY君の筆箱に突っ込んだり、A君のシャーペンの芯を黒く塗った箒の枝に替えてみたり、下らないイタズラを重ねていました。
そんなカスのような俺をグループに入れてくれた人たちは凄い人たちだと思います。

それでもオタ趣味の話で盛り上がっているときは会話に入れず、一人でいました。

中学一年の後期のある日、
理科係(授業の前日に内容を確認する係)であった俺は理科の先生でもある担任の先生に理科室まで授業の内容を聞きに行ったのです。

その際、先生は俺が少しクラスで孤立していることについて聞いてきました。
俺は別に今のままで構わない、と伝えると先生は、
「確かに無理に人に合わせる必要はないよ、その代わり本当に話が会う人と目一杯楽しく話しなさい。」

ありきたりな感じの言葉でしたが、当時孤立気味の不安でいっぱいの俺にとっては少し安心感が生まれました。

それから二年生になり、担任の先生とは離れてしまいましたが、それでも俺は理科係を続行したのです。

二年生になってからは小学校の頃からの非常に話が合う友達と一緒になり、楽しい一年となりました。
先生の言う、話が合う友達と楽しく過ごしていくことができました。

三年になった時には当時の先生は離任してしまいました。
それでもやはり楽しい中学校生活として思い出に残っています。

これだけで終わりです。
あまり良い話しではないですが、前にも書きましたが先生にはあまり巡り合っていないのです。

俺の中では数少ない先生との思い出でした。

余談ですが先生は無事に結婚したそうです。
結構良い歳だったので良かった。


----------------------------------------------------------------


面白い文章ですね。
読む人を「笑わせよう」と思って狙って書いていたのかな?
そうでないとしたら、天性の劇作家ですよ。

中学校の時の自分の状況について、
変に感情移入せずに離れた所から、しかも詳細に
描けている所が良いです。
ばかばかしい悪戯の内容は具体的であるにもかかわらず
そこには自嘲も感傷もないので
読む方も面白く読むことができるのです。

そんな中で、唯一の会話として書かれる
先生の一言が良いですね。
何気ないひとことがあなたに安心を与えて、
中学生活を明るいものにしてくれたということが
その後の一文「理科係を続行したのです」だけで
十分に伝わります。

そして最後の「結構良い年だったので良かった」
で不覚にも笑いを取られます。「無事に」って。


あなたは、もっと文章を沢山書いてみてはどうだろうか。
きっとファンができると思いますよ。


おつかれさま!
[PR]
by uronna | 2012-01-12 22:08 | 稽古場日記

復活。


by kawasaki Alice
プロフィールを見る
画像一覧