小休止

a0015614_23112.jpg4月24日

今日は、ウロンナの稽古場とは直接関係ないのですが、Message from body 展(「D.I.G.」に出演する山田美慧のダンス公演です。)でBartenderをしてきましたのでその話でも。

会場は銀座のPepper's Gallaly. 小さくてCozyな万能スペースだ。身体表現という意味ではダンスも演劇も同じジャンルにカテゴライズされることが多いが、台詞があるかないかということは根本的な違いだと思う。脚本や小説を書いていて、「言い足りない」とか「説明しすぎ」とか感じることがある。ダンスはしかし、時に小説以上に饒舌だ。ことばで説明できない分、より動物的な感覚を研ぎ澄ませて観客とコミュニケーションしていると思えるからである。

美慧の、抑圧された精神がふとした瞬間に発露したようなダンスはなかなか見ごたえがあり、出来が良いと思った。特に2回目は予想以上に人の入りがよく、使おうとしていたスペースを全て奪われての開演となったが、見事なアドリブでその状況を乗り切っている。観客の間を縫っての微細な動きは緊張感を伴い、1回目の公演よりも迫ってくるものがあった。

舞台におけるダンスの役割についてちょっと考えさせられた一日でした。
写真は公演終了後のダンサー、銀座4丁目交差点にて。おつかれさまでした。
[PR]
by uronna | 2004-04-25 01:13 | 稽古場日記

復活。


by kawasaki Alice
プロフィールを見る
画像一覧