「エレクトリックおばあちゃん」by あじぱん

エレクトリックおばあちゃん

ミュージカルは以前に劇団四季さんを見たことがあったのですが、演劇は初めてだったので色々と勉強になることがあり、見に行けて良かったです。
私は、演技とは自然な感じを大事にするものだと思っていました。しかし、実際に見てみると演劇での演技は自然というより少し大袈裟な動きが多かったです。
狭く限られた舞台の上で、現実と空想の世界をしっかりと分けられていてすごいと思いました。
照明や音をうまく使い、その場が明るいのか暗いのかなどがはっきりと伝わってきました。
面白いシーンや、感動するシーンなどが一つの物語に詰まっていて、最後まで飽きることなく見ることができました。
とても、いい経験になりました。

あじぱん
(新1年生)
[PR]
by uronna | 2014-05-12 10:55 | 劇評、書評、映画評

復活。


by kawasaki Alice
プロフィールを見る
画像一覧