作曲家日記

a0015614_53753.jpg今日は、音楽監督兼作曲担当・西井夕紀子が満を持して登場!やっぱり彼女が居ないと始まらない!?

5月3日 
今日も寝不足ベットでリポビタン…
まさに主題歌そのもの。毎日そんな感じ。治る風邪も治らない。取手から日吉に住まいを移してから、あぁやっぱり遠かったのねと実感。

しかし、曲ができるたびに片道2時間を何をするわけでもなく、ぼんやり旅行するのは、私の頭をぐるぐるしているつまらないメロディたちを
役者の声として聴くためだ。これがリポビタンより効く。
彼らはすぐに自分のものにする。さすが。
音程とかリズムとか細かいことじゃなくて、ただの音符をちゃんと自分で染めてくれる。

ちょっとすねた声で歌うかと思えば嘘みたいに透き通った高音も出してくる詩織。
女と男、両方の魅力を操る敦(どっちがほんと?どっちもほんと?)。
うんなるほど、ミュージカルあがりの確かな美声と貫禄の奈桜。
少女のような無邪気な振る舞いに、色気の滲むみゆき。ふと真剣な表情になって出す柔らかい声がたまらない。

ヘタなピアノと歌で音を伝えるときはひどく緊張するし自己嫌悪だが、早く彼らの口から聴くためにがんばる。なんとなく元気になった気になって、次もやるかぁ、なんて思いながら家路につく。

演出家には鍛えられた(笑)
彼女の形容詞を音にするのも結構大変。だけどそのたびに、一人でつくっていたのでは決してあり得ない何かが出てくる。彼女の奥にあるはずの音を慎重に探りながら、そこに思い切って私の色をつけちゃう作業がおもしろくてたまらない。

まだまだやることはあって、当分は元気になれそうにないけど、これでまた芝居と音楽がやめられなくなっちゃったなぁと、思う。

この場を借りて、なっちを始め、知識のない私を助けてくれるみんなに感謝。

ゆっきー
[PR]
by uronna | 2004-05-04 05:38 | 稽古場日記

復活。


by kawasaki Alice
プロフィールを見る
画像一覧