音響ちゃん日記

a0015614_114825.jpgGW最終稽古!今日はテーマソングを打ち込みで超ノリノリのカラオケにしてきてくれたサウンドテクニシャン・なっちが登場です。

5/5(水)
ゴールデンウィーク最後の日。朝はしょぼしょぼと雨が降っている。大学構内にある稽古場は、今日はまるで陸の孤島だ。見渡せば。緑、校舎(←無人)、空、以上! みたいな。

 稽古で役者たちが、セリフと動きのシンクロを頭に叩き込んでいる。その間、音響ちゃんは何をしているかというと、端っこでぼーっとしているように見えるかもしれないが、決してそういうわけじゃないよ。「孤独に効果音のスイッチを押す練習」をしているのだ。(-_-)ノ。ウロンっ!
 しかし、程もなく孤独に耐えられなくなって、声で音を入れだすのだった。しかも全然リアリティのない…。ジャマしてごめん。もっとテンション上がるような効果音の口真似を練習してきます!! …嘘です。早く音を全部入れて稽古できるように、データ作ります。

 俳優陣の仕上がりは上々。「おー、やばいやばい。私もサクサク働かんと。」と、焦りを感じる私。マイクやケーブルの手配、手元にない音の録音や編集、ホールの配線計画確認とか、これからやることいっぱいあるんだ。今まで漠然と漂っていたイメージが、具体的な作業のリストに次々変換されて、この小さいのーみそに溢れてこぼれそうです。こぼれてたら言ってやってください、すんません。

 それにしても、みんな結構お疲れ気味。不眠、風邪、テクノ症候群、etc.…。数多の症状を引きずりながらも、2週間後には門仲ホール入りだ。

 ところで、右上の写真は、MDのコードに絡まって苦しんでるところです。こんな私を拾ってくれたAsh、ありがとう。精一杯がんばるよ。

 以上、柴田なつみ(・▽・)がお送りしました
[PR]
by uronna | 2004-05-06 11:49 | 稽古場日記

復活。


by kawasaki Alice
プロフィールを見る
画像一覧