宝塚と劇団四季

a0015614_183610.jpg6月25日(金)
2限にとっている大学院の講義で知り合った友達が、今日の午後に慶応の三田校舎で宝塚演出家の小池修一郎が講演をするので行くという。そういえば、小池さんは塾員だった。小池さんには2年くらい前にお会いして講義で使う脚本を書かせてもらったことがある。久しぶりにあの「小池パワー」に会いたいし、古巣が懐かしくもある。で、行くことにした。今夜はもともと劇団四季の「マンマ・ミーア」を観劇する予定になっていたのだが、日本を代表するショウビジネス成功者の講演と公演を梯子だなんて、最近の私を知っている人間が知ったら目を丸くするだろう。

小池さんの講義は北校舎ホールで行われた。こんなホールがあったなんて在学中は知らなかったぞ。話の内容はほとんど「エリザベート」。この講演は一般公開されているので、あたりさわりのない話ばかりという印象。終演後に、北館カフェテリアでパーティ。久しぶりに話したけど、やっぱり人の話はあまりきいていない。かと思うと自分のカメラをもって、「一緒に写真撮りましょう」と話しかけてくる。あいかわらず落ち着かないひとだなあ。大きな写真もあったけど、肖像権の問題もあるので、今回は遠景のみ。

さて、「マンマ・ミーア!」の方だ。今まで観ていなかったのにはまあ、それなりの理由がある。芸大に入ってからというもの、「アート」と「エンターテイメント」の違いについてずっと考えさせられていた。なぜいきなり歌ったり踊ったりするのか。ミュージカルは殆どが「エンターテイメント」として分類されて、オペラは「アート」と呼ばれる。今、一番求められている舞台とはいったいどういうものなのか、それを知る為に徹底的に今まで観ていなかったストレートプレイやダンスの公演を観に行った。ハッキリ言ってまったく面白くないものも沢山あったけど、モノを見る目はそれなりに培われてしまった。その結果、わかったことがある。人間は、感動したり気分が高揚すると歌い出したり、踊り出したりする生き物で、そういう意味ではミュージカルという表現方法はちっとも不自然ではないということだ。「最先端」ということと、「求められている」ことは違う。劇団四季も、宝塚も、自分達にしかできないことをやったからあれだけの支持を得たのだ。客が付いて、巨大なお金が動くようになれば、観客に迎合しなければならなくなることもある。そうして、商業的に成功した劇団は「エンターテイメント」だと揶揄されるようになる。それらの劇団を乗り越える為に、多くの「表現者」たちが先進的なことをして、認められるとそれが「アーティスティック」と言われる。それだけのことだ。
だから、色々考え過ぎて前に進めなくなるのが一番ばからしいのだ。表現者にとっては。

なんだか、マンマ・ミーアの話がかけなくなってしまったが、内容はとても良かった。アイディアとストーリーの勝利だ。ABBAの曲は今さら言うまでもなく愛すべきものだから、新たに驚くことはなかったけれども。
電通劇場「海」の出入り口前にあるレストランで久しぶりの友達とワインを頂いたが、このレストランがよかった。こちらの話は最近始めた楽天日記でのワイン話に書くことにします。分量多すぎですからね。ごめんなさい。
トラックバック先をみてね。



マンマ・ミーア!サントラ
[PR]
by uronna | 2004-06-30 18:37 | 劇評、書評、映画評

復活。


by kawasaki Alice
プロフィールを見る
画像一覧