<   2004年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

「somato」 茂木ミユキライヴ

11月28日(日)

SFC時代に同じサークルに所属していたプロシンガー、茂木ミユキのライヴを聴きにいく。
外苑前の南青山MANDARAにて。

このサークル、KOEはアカペラファンなら名前くらい聞いたことがあるかもしれない。
私は大学時代、外で舞台やることの方に力を入れていたので、そんなにこのサークルには関わりが深くないのだけど、先輩、同期、後輩にはとにかく力のある人が一杯いて、とてもアクティブなサークルでした。この茂木ミユキさんは、そのなかでもプロデビューの先駆けだったかな。そのあとかの一青窈ちゃんが出てかなり有名になったけど、みんなでキャンパスをステージに美しい歌声を響かせていた楽しい時代がありました。

久しぶりにみるミユは、お腹に赤ちゃんがいることもあって今までに見たこともないほど穏やかで艶やか。もともとあの、甘く透き通った高音の声は大好きだったんだけど、今日の彼女の声はお腹の底の、不思議な泉を通って生まれてくるような神秘性があった。
ライヴ自体の仕立てもいい。Pfのあっこちゃんが奏でるグノシェンヌがメランコリックに幕を開け、ミユの歌声がその憂鬱を切なく、深く会場じゅうに浸透させていく。あいかわらずの冴えを見せる末松君のヴォイスパーカッション、かなりファンだった中田さんのベースが完璧にそのメランコリーの淵を際立たせる。休憩を挟み、ジムノペティが開く二幕は徐々に明るい曲調へ。ラストソングのFearは暗い曲だと思っていたけど、彼女の顔を見ていたら恐れの中に明るさを見出すことができ、希望を漂わせながら終幕。アンコールで出てきたミユいわく、このライヴのタイトル「Somato」はギリシャ語で「身体」と日本語で「走馬灯」をかけてるんだそうな。彼女のたどってきた創作、表現の道を、新しい命の宿った彼女の身体自身をプロジェクターにして映し出し、ふりかえってみる。これからまた、歌いつづけていくためにも、今日この日のライヴは彼女にとって大切な時間となったのだろう。

もちろん、こっちにとっても大切な時間になった。

かつて同じ場所で生活していた人々の、いまも進行形で輝きつづけている姿は、いつも自分に新たな希望とやる気を与えてくれる。ありがとう、といいたい気分だ。

彼女の歌を聴いたことがない人は、ぜひ一度聴いてみて下さい。
決して明るくない歌が多いけれど、不思議と癒される歌声なのです。

茂木ミユキデビューアルバム M.I.U.

【茂木ミユキ・カウンターPOP ~洪水~】
【茂木ミユキ・カウンターPOP ~洪水~】

茂木ミユキオフィシャルサイト
[PR]
by uronna | 2004-11-29 12:19 | 劇評、書評、映画評

紅葉狩り&蕎麦

11月23日(火)

BESETO演劇祭が終ってしまう。
今回はちょっと行く時間がとれなれなかった。もったいないことをした。。。
本当は今日が絶好の観劇デーだったのだが、私は取材もかねて「行楽の秋」な一日を過ごしていたのだった。(誰か、行った人は感想など教えてくださいね。どこがよかった、とか。。。)

旅行記は、楽天日記にアップしますのでそちらを見てね。

ここには写真をのっけておきます♪

a0015614_16132745.jpgそばのパン、お菓子工房。そばのパンは一度食べてみて。その食感にやみつきになります。

これが名刹・袋田の滝。すごい迫力だよ。a0015614_16141912.jpg
[PR]
by uronna | 2004-11-23 15:57 | その他のおしゃべり

友人司会

11月21日a0015614_335555.jpg
友人の結婚式で司会をする。

会場は乃木神社。「神前式にはこだわったの!」という友人の言葉どおり、夕刻に始まった式はかがり火の中、幽玄の趣。ぼうっと浮かび上がる参道を、神主さんに先導されて花嫁と花婿がゆっくりと歩いてくる姿は幻想的でほんと美しい。都内で、この参道を歩ける神前式をできるところはここしかないんだそうです。(併設の美容院にて聞いた情報。) 結婚近しでゼクシイとか読んでる方は、ご参考に。

で、あたしはなんと花嫁と同じ時間に美容院入り。
神前式なので、着物にしようと思い立ったが運の尽きだったか。久しぶりの着物はやっぱり窮屈。長時間耐えられるかいきなり不安に駆られる。でも美容室で隣で着付けてもらっていたのが花嫁(友人)のお母さん。「今日はよろしくお願いします」と頭を下げられて、こっちも失敗はできないと帯と一緒に気も引き締められる。

披露宴の司会は、そういえば初めてだな。
舞台をやっているので、余興で歌やパフォーマンスを頼まれることはしょっちゅうなのだが、司会なんて柄ではないと思ってた。でもSFC時代、辛い時も苦しい時も支えあった(?)友人に頼まれては嫌とはいえない。プロにはできない、友人ならではの仕切り、みせてやろうじゃないの~。とはりきって会場入り。

結果、とても喜んでもらえました。(ほっ)
ご親族のみなさんに「ほんとうにありがとう」と言われると、本当に嬉しい。
しかも、新郎、新婦共にたぶんこれからも長く付き合っていくことだろうから、そんなふたりの記念日を演出させてもらって、こっちこそ、「ありがとう」だね。
どんなに精巧に作られた舞台よりも、こういった「素人」のつまり「友人」の手作り感あふれる晴れ舞台に感動してしまうこともある。人間のこころって基本的に素直だからね。

お幸せに・・・♪
[PR]
by uronna | 2004-11-21 23:26 | その他のおしゃべり

HANGA 東西交流の波

11月19日(金)

今日は、上島珈琲神保町店で、今年の東南アジア青年の船ナショナルリーダーだった坂本達さんの、中越地震のチャリティトークライブがあるので行くことに。(これについては、続・SSEAYPにレポートするのでそっちも見てね。)

講義は4時には終わったので、空き時間を利用して大学美術館で開催されている「HANGA 東西交流の波」展を見てきた。

版画にもいろいろあるのね。木版画、銅版画、シルクスクリーン、私には小中学校の美術の授業でやった程度の知識しかなかった。あの有名な北斎の絵や、歌麿なんかの浮世絵が、版画技術によって海を越えて大陸に渡り、ゴッホやセザンヌに影響を与えていたんだね。そういった版画の歴史的な推移も非常によくわかる。
また、現代のアーティストの版画技術を利用した色鮮やかな作品群は、とにかく面白い。
どこかで見たことがあるような作品も多数展示されていた。アンディ・ウォーホールの「マリリン・モンロー」や横尾忠則のポスター「責め場」とか。
大物美術展より人が少なくてゆっくり見られるのも魅力。(前回の興福寺宝物展はすごい人出で疲れたもんなー)。

HANGA 東西交流の波(芸大HPより)
[PR]
by uronna | 2004-11-19 17:59 | 学校生活

ボジョレー解禁

11月18日(木)

最近おかたい話が多い、とある筋からお叱りをうけたので、今日はちょっと小休止。

ボジョレー解禁でしたね。皆さんはお飲みになりました?
うちではこれを開けました。

a0015614_1192567.jpg


試飲して、いちばん美味しいのを買いました。やっぱオリヴィエ・ラヴィエのヴィラージュはいつもそこそこの味をみせてくれます。去年にくらべるとタンニン少な目ですが、ボジョレーなんだから文句いいっこなし♪
チーズはラクレット系のチーズを、あっためて野菜にかけて食べました。スイス風ですね。おいしかった~。
[PR]
by uronna | 2004-11-19 01:22 | その他のおしゃべり

「飛べ、ぼくのドラゴン」

11月17日(水)
エルヴェ・ギベール作 沢のえみ訳 石井道隆演出
俳優座LABO劇場(稽古場公演)

夏のtptで知り合いになった役者の出演している芝居を観にいく。
実は今日は講義があったのだが、今回の演目は少々サラケインの演出に役立つ発見があるかもしれないと思い、さぼって行ってきた。(またかよ)

この作品は、自らのHIV観戦を告白した作品「ぼくの命を救ってくれなかった友へ」を発表してフランスの文壇に物議を醸した作家ギベールの、ニ本の戯曲のうちのひとつ。ちなみに訳者は、以前このブログにも書いたマイミストの沢のえみさんである。以前この役者さんと話をしていて、お互いに沢さんを知っていることを知ってびっくり。やっぱりこの世界、狭い。
以前書いた沢さんの記事へ

さて、この作品、サラケインの4時48分とかなりの共通点がある。
・まず、作者自身の投影と思われる「作家」が登場すること。
・その人間の、浮遊する感情がひたすら描かれ、ストーリーがほとんどない。
・作者は同性愛者である
・処方される薬に対する恐れがみえる
・90年台以降のヨーロッパに蔓延する「虚無感」に挑む姿が見える。

非常に面白い戯曲だったし、沢さんの訳は秀逸だった。
役者もみんな良い演技をしている。唯一気に入らなかったのは演出だ。
照明と音楽の使い方がつまらない。肝心なシーンであのお化け屋敷のようなあかりをあてられては、微細な感動も雲散霧消する。
あと、役者の喋り方が一辺倒なのも気になる。これによって徹夜続きの私の頭はしばしば睡眠状態に陥りがちだった。(これは役者の責任ではなく、あきらかに演出の問題。)天井から吊した白布、結局うまく使われていなかったのももったいない。もうすこし「ドラゴン」の意味を考えて欲しかったなあ。

でも、ギベールの作品にはいままで以上に関心がでた。
他の作品ももっと目を通してみよう。

ぼくの命を救ってくれなかった友へ 集英社文庫
[PR]
by uronna | 2004-11-17 22:05 | 劇評、書評、映画評

秋深し。サラ・ケインもまた深し

11月16日(火)

取手はすっかり秋模様でございます。
12月8日から開催されるアートパスにむけて、学生たちは作品作りに余念がありません。私もここのところは、11日土曜日に上演する「4時48分サイコシス」のリーディングに向けて、戯曲の読み込みにあけくれてます。

今日はメインテーマとなるコンセプトの決定をするはずだったのだが、話し合いは3時間過ぎても収束する様子をみせない。何が問題なのか。この戯曲を通してサラは何を提示したのか。

一節をとりあげてみよう。

「すべての行為は象徴的である
 その重みが私を押しつぶす

 のどのところにある点線
      「ここをお切り下さい」

 コンナコトノタメニ私ヲ死ナサナイデ
 私ハ殺サレ、押シツブサレ、地獄ニ送ラレヨウトシテイルノヨ

 御願い、私を食い付くそうとするこの狂気から私を救って  
      半ば意図的な死 」

「お願いだから、死因を調べるために私を解剖したりしないで
 どうやって死んだかはこれから言うわ

 ロフェプラミン百錠、ゾピクローン45錠、テマゼパム25錠、
 メレリル20錠

 ありったけのもの全部

 のんで

 手首を切って
 
 首を吊ったの 」

この戯曲の作者サラは、実際にこの戯曲を書いた後、自殺している。
台詞はばらばらで戯曲の形式も成していない。これだけ読むとだれかの遺書のようだが、ここで気をつけなければならないのは、これはサラの遺作ではあるが遺書ではない、ということだ。

サラ・ケインは、「暴力」や「破壊」を凄惨に描いたことで一躍有名になった、ポスト・サッチャリズムに心待ちにされていた作家である。「個」が前面に押し出された代わりに社会から見放された個人もいる。徹底した資本主義と個人主義の価値観の浸透により、貧富の差がさらに広がり、社会不安は増大する。その鬱屈した現代の若者の声が暴発したかのように、サラケインの筆は社会を斬り、撃ち、古い因習の残るいイギリス演劇界の常識までも木っ端みじんに打ち砕いた。

だが、彼女の戦いは過酷なものだった。
容赦ない批判の声に傷付くことはなくても、同じ位の賞賛の声はさらなる圧力を彼女に加え、その筆から少しでも多く搾取しようとする。憔悴し、筆が折れても書き続けなければならない。戦い続けなければならない。やがて彼女の心は蝕まれていく。いかにしてもこの現状を救えない、その無力感にとらわれたが最後、病魔は近かった。その無力感こそ彼女がもっとも敵視していた、イギリス全土を席巻する「虚無感」の先鋒部隊だったのだが。重い鬱病と診断された彼女は、病室で、自室で、自分が一番明晰になる明け方の4時48分にこの戯曲を書き付ける。もはや死ぬしかないことを知っていながら。

では、彼女は戦いに負けたのか?
否。勝つためには、死ななければならないことを知っていた。
この戯曲は、明らかに脱稿後作者が死ぬことを織り込んで書かれたものである。
サラケインは、確信犯的に、最後の戦いを挑んだのである。リーサル・ウェポンは彼女自身の死によって引き金を引かれ、そしてそれはまさに彼女のもくろみどおり、ヨーロッパ中を震撼させた。
だからこれは、彼女の遺書ではなく、「最終兵器」なのだ。

・・・というのが、なんとなくあたしが思っていることなんだけどな。演出プランにどう反映させていくか・・・だなあ。はあ〜(長いため息)
[PR]
by uronna | 2004-11-17 02:32 | 舞台のおはなし

「三人姉妹」

11月12日(金)

三浦基演出「三人姉妹」地点第8回公演を観ました。
芸術批評演習の課題として書いた劇評なので、今回かなり長いです、悪しからず。

 「はっとするほどシャープ、ぞっとするほどリアル」

有楽町線、小竹向原駅から徒歩5分。普通の住宅街のようなところに「アトリエ春風舎」はある。以前松本修率いるMODEが稽古場として使っていた「アトリエMODE」を、青年団が譲り受け公演もできる稽古場として使っていると聞いていた。春風舎になってからは初めて足を運ぶ。暗く細い小道の脇にポッツリと鈍い灯りで照らされた螺旋階段が目に入ると、それだけで「異空間へいらっしゃい」と誘われているようである。惑わされないように感覚を引き締めて階段を降りていく。

ところが会場に入るとそのような些細な努力がまったく無駄だったことを思い知らされる。そこには時間の止った空間が既に作り出されていて、足を踏み入れたものは誰でもその世界の空気に順応しようと新たに五感を働かせ始めるからだ。渡されたプログラムに目を通す気にもならない。上演されるのはあの「三人姉妹」だ。何が起きるかはわかっている。問題はそれを「どのように」起こすかだ。

三浦基の演出の特徴は非常に顕著だ。彼は役者に普通に発話することを許さない。それはしばしばある種の評論家たちによって「音楽的」とか「技巧的」という言葉で片付けられてしまうが、初めて観る人間にとってはなによりもまず「衝撃的」だろう。
「ま/あもすく/ヴぁっかーら/いらつ/しやつた/のね」「ええもすく/ヴぁかーら」。舞台上で交わされる会話は無残なまでに寸断され、日常会話から程遠いものになっている。言葉の意味を正確に汲むことすらそう簡単ではないのだが、不思議なことにこれにはすぐ慣れる。観客の聴覚がことばを「音楽」のように聴こうとし始め、視覚から得られる情報との調和によって目の前に起きていることを理解しようとするからだ。

こういう試みを行っているのは、三浦だけではない。台詞から意味を取り払い、徹底的にリズム化して身体の動きにのせた宮城聰の初期作品は非常に有名であるし、毎年富山県の利賀村で行われている演出家コンクールに出品してくる若手演出家の作品は、そのほとんどが身体のコントロールと台詞の音楽的な使い方に呆れるほど技巧を凝らしている。私自身演出をする人間なので、その音楽的な響きの面白さや意外性に惹かれ自分の演出作品で試みたことも幾度かある。それでも今回、三浦の演出作品を見て清新な驚きと感動に打たれたのである。それは、いかに自分か今まで表面的にしかこの手法の意味を考えてこなかったかということを実感する痛い感動でもあった。

 長女オーリガ、三女イリーナは帽子を被り、窮屈に足を折りたたんでそれぞれ食器収納台とキッチンワゴンの上に乗っている。真ん中では次女マーシャが食料品などをいれる四角いバスケットのなかに入って仁王立ちしている。マーシャは帽子を被っておらず、腰にはリボンのような紐が巻きつけられその端をイリーナが握っている。左足首に包帯。彼女らの背後には一面に洋服が吊るされている。長男アンドレイは丸々と太った男で、舞台前に設えられた風呂桶から登場する。彼は風呂桶の中で時刻表や航空マニア雑誌などを読んでいるかと思うとバリトンの美声を響かせたりする。アンドレイの婚約者ナターシャは始め人工透析を受けていると思しき姿でショッピングカートを押し、アリアを歌いながら出てくる。のちにそのカートは彼女の子供たちが乗った乳母車に見えてくる。立てかけてあった扉がいきなり反転するとマーシャの夫クルイギンが現れる。いつも「戸口から」心細そうに「マーシャはどこだい」と登場することになっているクルイギンは、なんと戸口の扉そのものを背負っているのだ。ヴェルシーニン、トゥーゼンバフ、ソリューヌイの三人の将校は背後の洋服のカーテンを掻き分けて出てくる。ヴェルシーニンだけは軍靴を片方だけ履いている。ざっとここに挙げただけでも、何という情報量だろうか。視覚的な情報で観客が話を理解できるように徹底的に「モノ」に意味を持たせている。役者の身体すらこの世界では表現する物質のひとつにすぎない。舞台上に存在する全てのものには意味があり、その置き方から色や形に至るまで演出家の緻密な計算のもとでそこに存在することを指示されている。おそらく三浦に「これはどういう意味を持っているのか」と尋ねれば、即座に明確な答えが返ってくるだろう。観客の知覚神経はこれらの情報と分断された台詞によって常に刺激され、芝居を見ている間中総動員で働くことになる。

 そして最後のオーリガの台詞「それっ/がわかー/ればねそれっ/がわかーりさ/えすれ/ばね」を聞く頃には、観客は妙に納得させられているのだ。「そうか、三人姉妹とはこういう話だったのか」と。イリーナはワゴンから降りて、舞台前部に出ている。マーシャもバスケットから決然と足を踏み出し、冷たい床に足をつける。オーリガだけは最後まで床に降りず、マーシャのバスケットに移動する。ラストシーン、徐々に絞られていく照明の下で、姉妹はマーシャの乗っていたキャスターつきのバスケットに三人で取りすがり、終に行くことのなかったモスクワを遠く見ている。「無表情」という表情をもった彼女たちから読み取れるものは悲しみや苦しみのような感傷ではない。現実に対するあきらめと、それでも自分たちは生きていかねばならない、という人生との対峙である。ドタバタとやってきた人々は去っていき、姉妹はとりのこされる。このあときっとオーリガも床へおり、三人は「地に足をつけて」生活していくのだ。俗物の長男夫婦と共に。

 なぜこのようにすんなりとこの芝居と形式を受け入れることができるか、それはこの芝居が非常に「リアル」だからに他ならない。徹底的に形式化して予定調和的な翻訳劇のセオリーを取り払った結果、チェーホフの描いた日常が浮き彫りになっていた。よく戯曲は「行間を読む」ことが重要だと言われるのだが、それどころではない。「文字間」にチェーホフのリアリズムは存在していた。従来は観客の余計な固定概念の入り込む隙間だった「文字間」を三浦はチェーホフの「リアル」で埋めたのである。それは傍から見ればリアルから程遠い会話でありながら、「台詞」に込められた言葉の意味がもつリアリティを抽出して、観客の前に提示する著しい効果を持っていた。加えて、よく訓練された青年団の役者たちは、この形式によって掣肘された感情を体現する術を心得ている。彼ら、彼女らの発する言葉は解体されてはいても、瓦解することはない。その身体の動きで、指の筋ひとつ奮わせるだけで、ばらばらになっていた言葉に意味を持たせる。感情は台詞に込めるのではない。身体全体で表現するものなのだ、ということを無自覚でいることに無自覚な観客にすら解らせてしまう。その帰趨は戦慄を生むほど凄艶に結晶化された日常の再現になる。他にも様々な作品を扱ってきたのだろうが、日常の姿を静謐に描いたチェーホフと三浦の今回の出会いこそは、三浦の鋭敏な大鉈が切れ味を存分に発揮できるアッサンブラージュであったと言えるだろう。

 帰途についてもしばらくは刺激されきった知覚神経が収斂しそうになかった。少々疲れるが、知的な悦楽にしばし浸ることのできる稀有な舞台である。
[PR]
by uronna | 2004-11-16 02:31 | 劇評、書評、映画評

OBSC航海記更新しました。

11月11日(木)

SSEAYP関係のみなさま、お待たせしました。
最近時間が取れなくて後回しになってたけど、ようやく10月7日、8日の分を更新しました。見て下さいね〜。
http://blog.livedoor.jp/ash_sseayp/
実は、風邪を引いて寝ていたときの分なので、あんまりエキサイティングではないかもしれません。

しかし、なんでこんなに時間がないんだ?
[PR]
by uronna | 2004-11-16 02:21 | その他のおしゃべり

「エリザベス・レックス」

11月10日(水)

麻美れい主演「エリザベス・レックス」のゲネプロを見学。
場所は最近おなじみの「Theater 1010」、北千住だと行くのも楽でうれしい。
ティモシー・フェンドリー作、翻訳と演出は青井先生だ。

これはまず、話が面白い。
「劇的」を絵に描いたようなストーリーなのだ。
舞台はシェイクスピア(奥田瑛二)の回想で幕を開ける。彼が回想しているのは、まだ壮年のころに女王エリザベスと、自分のカンパニーの劇団員たちとウィンザー城の納屋で過ごした一夜のこと。その夜女王は自らの恋人エセックス伯の処刑を目前に、落ちつかぬ心を紛らわせるためにシェイクスピアの芝居を城に招いていたのだ。一座の女形俳優ネッドは「国王」という重荷によって「女性」を捨て去らねばなかなかった女王の代わりにエセックスへの想いを演じ語る。この男こそ、エセックスが自分のほかに愛していた人間であることを女王は看破して、ゆれる心の奥底を垣間見せる。

途中で時を告げる鐘が、エセックスの処刑までの時間を刻むように幾度も鳴る。
そして7つの鐘が鳴った時、女王は再び国王の椅子に座るために一座をあとにして去っていく。女王のみが行うことのできる特赦は行われず、彼女はイングランドの玉座に君臨し続けるのだった。

麻美れいの存在感はいうまでもない。眉毛をそり落とし、大仰なドレスとかつらによって助長される女王の威厳たるや、はじめは完全にほかの役者を食う勢いではないかと思われた。それがそうならなかったのは、ネッド役の小林十市の繊細だが骨のある雰囲気が麻美の存在感に食われることがなかったからであろう。

この小林十市、いいぞ。
もともとバレエダンサーで、演劇はこの舞台が初めてということだったが、いやはやどうして。無駄なく、切れのある動きで舞台を軽やかに動き、台詞も実に堂々としたもの。そして何と言っても色気がある。アイルランド人俳優役宮川浩さんとの絡みは美しいのひとこと。すでにバレエファンの間ではかなりの人気者のようだけれど、この舞台をきっかけに演劇ファンの間でもブレイクするのではないかな?

小林さんの書いた稽古場日記を見つけた。↓
http://www.ontime.jp/contents/eliza/diary.html

今回の舞台に関しては、朝倉さんの美術も本来の美しさを発揮していた。
納屋のドアが素通しになっていて、後ろから照明があたると非常に美しい。現実と幻想を隔てる扉のようにも見え、シェイクスピアの納屋とウィンザー城の納屋をシンクロさせる効果がすばらしい。

もうTheater 1010での公演は終わってしまったが、琵琶湖、京都、大阪、山梨と行脚して、なかのZERO、相模大野、土浦と関東圏でもまだ3公演あるらしいし、12月あたまには満を持してル・テアトル銀座に戻ってくるみたい。観た方は、是非感想など教えて下さいね。
[PR]
by uronna | 2004-11-16 01:47 | 劇評、書評、映画評

復活。


by kawasaki Alice
プロフィールを見る
画像一覧