ソラソバ学習帳

<   2005年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

恥恥恥…

9月29日(木)
※タイトルはチチチ、ではなく「はじはじはじ」です。念のため。

恥の意識について、最近よく考える。演劇をやっている人間にはこれは一生付きまとう意識のような気がしている。

…「礼儀知らず」と「恥知らず」は同意だろうか?

「恥の多い人生を送ってきました…」
と書いたのは、太宰だったか?

「恥をかいて自分の殻を突き破れ」というサブタイトルのついた記事の載った雑誌の中吊り広告を目にして、Mさんは小竹向原から池袋までずっとウケていた。

「言ってみれば我々は、恥を担保に金を貸したんです。」
と言っていたのは、武富士の創始者だったと思う。サラ金の発想についてのインタビューに答えたものだった。時代が移り変わるとき、人の価値観もずれて今までなら商売にもならなかったものに価値がつく。

「恥恥恥 てめえの恥のなかでクソまみれになってしまえ」
という台詞は、サラ・ケインの4.48 Phychosis の中に出てきた。
原文では " Shame shame shame.Down in your fucking shame."
羞恥心は人をかろうじて正常な日常につなぎ止めておく鎖なのか。

「恥知らずの」は英語では bare-face。
日本語では、「厚顔」とか「面の皮が厚い」とか言うけど、英語は反対なんだね。
なんか被ってる方が、恥を知っているということになるのか。



なんでこんなに恥の話ばっかりしているかって
それは今日かなり恥ずかしかったからです。
なにをやらかしたかって、それは言えません。
一応恥を知っているつもりになって、こんなところで暴露せずに一人で反省します…。
いやあ〜、恥ずかしかった…。
[PR]
by uronna | 2005-09-29 02:57 | その他のおしゃべり

にしすがもにいると…

9月26日(月)

今日も朝からプロジェクトでにしすがも創造舎へ。
そういえばBLASTED利賀上演から一か月だ。吹いてくる風もずいぶん涼しくなり、確かに季節がひとつかわったことを実感。あの頃は体育館で蜷川さんの「天保十二年のシェイクスピア」の稽古やってて、唐沢寿明や藤原竜也とすれ違ったりしてたけど、今はその体育館で私たちがプロジェクトやってる。なんか贅沢な感じ。(笑)

ボイストレーニング、今日は「声帯」のはなし。
のど触って、自分の声帯の位置を確かめる。思っていたよりずっと下にある。
前半でウォーキングもやったんだけど、声って身体を使って出すものだということを改めて知った。ことばは口でつくるが、音声は喉、そしてそれに繋がる身体の内部から出す。ここ最近はメールなどの発達もあり、言語情報の意味性が重要視され、声を発している人の身体の状態は軽視されている傾向にあるが、これはあまり良くないと思う。人の感情を支配するのは、ことばの意味ではなく音声である。感情表現が乏しい子供が増えているというが、このままだと本当に喋らない、喋れない人が増えていくのではないかと思ってしまう。

夕方のク・ナウカの稽古まで時間があったので、いろいろの仕事を片付けられると思っていたのだが、なんとマクベス公演で仲良くなった舞監さんと再会。創造舎で稽古中の「サーカス物語」の舞台美術作業に突然連れ込まれた。ほんとうに、ここにいるといろんな人に会い、いろんな仕事をもらい、人脈も増えるよ…(泣)。そして苦手のペンキ塗り。ぬりぬり。Hさん、次に公演うつときは働いてもらいますからね〜!
[PR]
by uronna | 2005-09-27 02:39 | 舞台のおはなし

帰ってます。

最終日、帰国、となかなか忙しくてブログ更新してなかったら、知り合いから「屋台の臓物にあたったのか?」とメールが来ました…。すんません。ぴんぴんしてます。チュソクに勤勉に店を開けていた肝っ玉かあちゃんの屋台のせいではありませんのでご心配なく…^^;

マクベス公演も無事に終わり、帰ってきたその日からいろいろ、たてこんでます。
20日から有名なボイス・トレーナーの磯貝先生がプロジェクトに来てくれているので、その話も書きたいのですが、ちょっと待ってね。さすがは声の専門家、声を使う職業の者にとっては神のような存在かも。話も面白いんですよ!

20日に知り合いの演出家デビュー作品、文学座のアトリエの会公演を見て、21日にはM下時代の同期の壮行会(中国へ赴任)、22日からは「ク・ナウカで夢幻能なオセロー」の稽古が始まりました。時間ができたらまた少しずつアップしていきます。
[PR]
by uronna | 2005-09-23 01:28 | 舞台のおはなし

小茂根の駅に注意。。。

9月22日
マクベスの公演にひきつづき、演出助手をやることになったオセローの稽古が始まりました。稽古場は、サイスタジオ小茂根。
小竹向原っていうのは、結構小劇場関係者には縁のあるところ。
春風舎もここだしね。

でも、ここの駅には要注意です。
まず、「小茂根」と書いてある方に出ると、住宅街のさなかに出てしまう。
そして、そこからリカバリしようとすると、恐ろしく歩かされた挙げ句にたどり着けず泣く泣く駅まで戻って、駅員さんに「すみません、反対側の出口に出たいんですけど…」と頼んでホームを歩かせてもらって、逆まででなきゃいけないのだ!!
(え?そんなことしたの、あたしだけ?)

30分前につくはずが、15分も遅刻したのだった…。
前途多難。
[PR]
by uronna | 2005-09-22 22:10 | ク・ナウカ演出助手日記

なかび

9月17日(土)
本日なかび。
a0015614_1322757.jpg
韓国は旧暦のお盆に入り、普段は賑やかな繁華街もしまっています。楽屋への差し入れもお盆用の特別なお菓子が…。韓国ではこれをお節料理のようにお母さんが腕によりをかけてつくるんだそうです。

で、舞台がはけた後明治大学の教授でシェイクスピア研究者の方が日本からはるばる観に来て下さったので、一緒に夜ご飯を食べに行きます。
一軒目は焼肉、二軒めは豚足、三軒めは屋台です( ̄○ ̄;)
a0015614_1322748.jpg
私は二日連続で豚肉フルコースだったし、屋台で出てきた怪しげな臓物に怯んでしまいましたが、役者は率先して食ってます。主役クラスの役者三人、倒れたら一体どうなるんだ…。制作者と二人で心配するが当人達はケロッと怪しげな食いものをつまみに酒を飲んでいる。さすが旅なれしているこの劇団の役者は、怖いものナシですな。

怪しげな屋台に乾杯♪

ash_yamaneco


[PR]
by uronna | 2005-09-19 13:22

初日

9月16日(金)


a0015614_1742459.jpga0015614_17424515.jpg






本日初日。
劇場の正面にも垂れ幕が大きくかかってます。
昨日のゲネはプレスやこのフェスティバルに出てる他の劇団の関係者などいろいろな人が観にきてなかなか盛況でした。果たして今夜はどんな感じかな?
これからご飯を食べてスタンバイです!
ash_yamaneco
[PR]
by uronna | 2005-09-16 17:42

ゲネ日和

a0015614_16435459.jpg

今日はゲネ。天気も晴れ、気持ちの良い秋の空です。
映像の接続も滞り無く終りました。あとはオペをきちんとやるだけです。

それにしても美しい舞台です。マクベス以外は全員女優によって演じられるこの芝居、無数の風車に彩られてマクベスの殺戮が凄みを帯びてきます。写真はマクベスとマグダフの対決のシーン。風車が一斉に回ります。ソウルに住んでいるお知り合いがいる方は是非お伝えしてください。字幕もでます!

ク・ナウカ シアターカンパニー(Ku Na'uka Teater Company)による『マクベス』MACBETH
The 2nd Shakespeare Nanjang-Market
NATIONAL THEATER OF KOREA
小劇場ホールにて
16日1930
17日1600
18日1600
開場は30分前
TICKET20000ウォン(2000円弱)

ash_yamaneco
[PR]
by uronna | 2005-09-15 16:43 | 舞台のおはなし

韓国国立劇場の職員食堂

a0015614_2364922.jpg

ホテルでLANを繋げないため、携帯(AUのグローバルフォン、普通に繋がる)から更新してますが、果たしていくらかかってんだろ…。スパムメールの着信に急に神経質になります(-.-;)
さて今回の公演の会場は韓国の国立劇場。ソウルタワーのすぐ近く、小高い丘の上にあります。仕込みも順調に終わり今日は午後から場当たり。
劇場の食堂は楽屋からメイクのままで行けて、きちんとした食事が3500ウォン(300円ちょっと)で食べられるため役者陣にも好評。とにかく何を食べても辛いけど。
私は辛いもの大好きなので毎日美味しく頂いてるけど、辛いものが苦手な女優さんは「これじゃ痩せちゃう…」と嘆いていました。悩みはそれぞれ。

a0015614_2364978.jpg
お気に入りのドリンクを二つ紹介。右は玄米のドリンクでなんか独特な濃厚さ、左はアロエの果肉がたっぷり入った爽やかな飲み口が好きです☆
なんか食べ物の話ばっかりやね。明日は芝居の話をしましょう(笑)

ash_yamaneco
[PR]
by uronna | 2005-09-14 23:06

ソウルより

9月13日 a0015614_23363139.jpg
ソウルに来ました。
ホテルにチェックインした後、劇場の下見に行きました。
その後はご飯を食べに…。前に韓国来た時もそうだったのだけど、看板の文字が読めないのは結構致命的。豚の絵につられて入ったお店は味もなかなかで良かったけれど。

明日の仕込みに備えて精力をつけるメンバー。お腹いっぱいです。

ash_yamaneco
[PR]
by uronna | 2005-09-12 23:36

韓国行ってきます。

明日から、ク・ナウカの「マクベス」韓国公演です。

ちょっと留守にします。帰国は21日くらい。向こうから更新できそうならしますが、とまる予定のホテルのネット環境は、私のPCと合っていないみたいなのでひょっとしたらできないかもしれません。

今日は昨年に続き母校の「レ・ミ」を観てきたので、そのことも書きたかったのだけど
さすがに何も渡航準備していないのでパッキングもしなければならず、ちょっと時間がありません。帰国後なるべくはやく感想あげるので、少々お待ち下さい。

Ashleycat
[PR]
by uronna | 2005-09-11 22:28 | 舞台のおはなし

☆NOW ON AIR ☆    公演の情報と、稽古場日記。ソラソバティと県川演劇部の奮闘のきろく。
by uronna
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ


現在、川崎高校演劇部のブログとして運営中♪


過去ログはこちら

ウロンナフォークスの公演は終了しました。次回公演はタイムカプセルを掘り出す頃かもしれません。(胡乱だなあ)

ク・ナウカの役者陣によるムネモシュネーブログはこちら

以前の記事

2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな