<   2006年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

リハ中@台北メトロポリタンホール

a0015614_1442841.jpg


「伝統と未来」のリハ中です。

この作品は、作曲家原田敬子さん(ク・ナウカでもトリスタンとイゾルデの曲を担当してくださっていた方です)が曲を書き、加藤訓子さん他、名うての演奏家達と、それから我らが美加理さんと、インド&台湾のコンテンポラリーダンサーが共演する、なんだか夢みたいなお祭り企画です!

舞台には木が生え、
木、木、木が生え…。

木は台北の山奥に美術家さんたちが切り出しに行ったらしい!(吃驚)

演出ノートは以下のとおり。
(アジア舞台芸術祭 オフィシャルブックレットより抜粋)

伝統とはなんだろう。
 アジアのアーティストが「伝統」という言葉を使うとき、多くは「近代化の中で欧米から輸入されたものではない、もともと自国に存在したもの」という語意で用いているだろう。
 日本においても、伝統文化という言い方は、「1868年の明治維新以後に欧米から輸入されたものではなく、それ以前からあったもの」を指している。
 しかし、この区分けに本質的な意味はあるのだろうか?
 日本に限らずいずれの地域の文化も「従来あったものと外来のもの」が混交して成立しているわけだが、それはなにも近代以降に限ったことではない。交通手段が未発達であった時代にも、文化芸術は驚くほどの伝播を成し遂げている。調査が進めば進むほど、世界中で、古代の文化のダイナミックな交流が明かされてゆく。
 どの時代の、どの地域の文化も、つねに「それまでに内部に蓄積されていたものと新しく外部から入ってきたもの」の出会いと相対化と化学反応と、そのなかでの創作者の葛藤によって生み出されてきたのだ。ついつい「伝統」とことばでくくってしまう文化も、歴史上それが生み出された瞬間というのが必ずあるわけで、その瞬間にはやはり疑いなく「従来のものと新来のもの」のぶつかりあいがあったことだろう。
 アジアのアーティストはこれまで、「伝統と現代」を踏まえてみずからの創作のポジションを定めるとき、「自国の文化と欧米からの輸入文化」という2項目を設定しがちであったことは否めない。それは近代の世界政治・世界経済がアーティストに強いてきた枠組みであり、無視することは出来なかっただろう。しかしいまやアジアのアーティストは、歴史を長い目で捉え、「アジアの中で」いかにダイナミックな文化芸術の出会いと交流がおこなわれお互いの文化芸術を洗練させてきたかを見直すべき場所に立っているのではないか? それは「この思想この芸術は我が国にオリジンがある」と主張することではなく、それが自国で生まれたときにも、外来のものとの出会いがその背後にあったことへと想像力を延伸させる営みである。

 こうした営みのささやかな一歩として、このたびの「伝統と未来」プロジェクトを構想した。
 古代、大和朝廷の楽人舞人は、土着の音楽・舞踊と、インド・中国・朝鮮あるいは南の島々を通って入ってきた音楽・舞踊との、刺激的なせめぎあいのなかで、楽を奏で、舞を舞ったことだろう。
 「伝統」というクリシェを解体し、未来に向かう作品を生み出したいと願っている。

———— プロデューサー 宮城 聰



さあ、本番が楽しみです!



ash_yamaneco
[PR]
by uronna | 2006-11-30 14:04 | 舞台のおはなし

皇都にての物語

台北、皇都飯店(Hondo Hotel)のサービスは良い!
別に☆がいっぱいあるホテルではないのに、行き届いた心遣い…。
部屋&お風呂は広いし、毎日帰るとフルーツとドリンクがサービスで置いてあるし…。

a0015614_141179.jpg

で、毎日食べてたこのフルーツが美味しいの♪
でも、この左下のなんだろ?しゃきしゃきして、食べたことの無い味でした。

a0015614_141146.jpg

裏を返すと日本語で「日本で大ブーム」って書いてあります。
そうでしたっけ?(w



ash_yamaneco
[PR]
by uronna | 2006-11-29 22:01 | 舞台のおはなし

台湾にてVol.1

a0015614_13564790.jpg

a0015614_13564775.jpg


ash_yamaneco
[PR]
by uronna | 2006-11-29 13:56 | 舞台のおはなし

たべるトンちゃん【取手・永山小学校】

今日は、本番。
mixiに書いた日記をそのまま抜粋します。。。
普段はあんまりそういうことしないのですが、読みたいと非mixiユーザからもリクエストがあったので…^^


☆☆☆
成田線にて空港に向かっています。このルートは昨年のインド行き以来。懐かしい(^_^)

さてこの車内での時間を利用して今日の『食べトン』の総括を…忘れられそうも無いことをいとも簡単に忘れてしまうのが人間だから。

今日の公演先は取手の永山小学校【青空教室】。お客さんは誰よりも純粋な瞳と心を持つ故に自らを閉ざしがちになってしまう子供たち。

a0015614_025178.jpgパフォーマンスが始まるまでは勝手に喋る、動き回る、一時として静かにしていない子供たちだったのに、芝居が始まるとキュッとその世界に注目してくれる。
惑わされない眼。彼等の心は嘘を許さない。もし役者の動きに一分でも嘘が含まれていたら、彼等の興味は失われてしまうだろう。役者も演奏者も指の先まできちんと感覚を通し真摯な演技をしなければならない。見守る。

ここ数ヶ月、音が絵本から立ち上がってくる方法を模索していた。『トンちゃん』はもともと、戯曲のような、歌のような、韻文的な響きを帯びた不条理世界。マトモに向きあうだけではダメ。私達がこの絵本から得た印象なんかを再現したところで本以上に面白くなんかならない。生身の役者が目の前で動く、この演劇にしかない特性をトンちゃんに付加して魔法をかけないと。

果たして子供たちは魔法にかかってくれた。子供だましなんかじゃない。『食べるトンちゃんはトンカツやに売られていき食べられるトンちゃんになりました おしまひ 』などという唐突で珍奇で、大人なら絶対に納得のいかない結末をしっかり受け止めてくれた。ある時には本の中に入り、ある時は演奏者と一緒に物語に音をつけてくれた。
『さいごがかなしかったけどとてもたのしかったです』
体をぶらぶらさせながら感想を述べてくれた子がいた。セットの蚊帳にくるまって離れない子がいた。トンちゃんの歌を覚えて歌いつづけてる子がいた。a0015614_0262451.jpg

いろんな場所、いろんな空間で芝居をやる意味を、師匠は「新しい観客に出会いたいから」だと言っていた。それを言うなら今日のこの『教室演劇』はどうだろう。アップに居た時、海外の行く先々で知的障害を持つ子供たちに歌を歌っていた。各国共通の澄んだ眼に怯みつつステップを踏んだ。あの行為の意味が漸くわかった気がする。作り手としての自覚を持って彼等と今日、出会えたことをとても幸運に思う。こんな機会を与えてくれた友人にも感謝したい。

a0015614_0264789.jpgパフォーマンスとワークショップのあとは、給食がでた。懐かしい匂い。隣に座ったN君が余りに無邪気にはしゃぐので、あたしまでつい笑いの渦に引き込まれ、食べ終ったの最後になった。前の席の男子のヘン顔攻撃にやられて牛乳が飲めずいつも最後になってたあの頃を思い出す…

とか書いているうちに成田に着きました!さて、また新たな観客に出会うために、私はチェックインカウンターに向かうとします。
帰国は4日予定、向こうから日記書けたらまた報告します♪
[PR]
by uronna | 2006-11-28 13:48 | 舞台のおはなし

「伝統と未来」宮城聰演出 稽古@東京ワンダーサイト

台湾でやる、「伝統と未来」の公演に記録係として随行することになった。
というわけで稽古場へ。

公演詳細は↓
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/bunka/asiabutai/index.html

今回私の旅のお供は、Vx2000です ^^; ひ~
[PR]
by uronna | 2006-11-24 13:46 | 稽古場日記

マリー・アントワネット【帝国劇場】

母親がチケットをとってくれたので、久々に一緒に観劇。
[PR]
by uronna | 2006-11-21 13:45 | 劇評、書評、映画評

阿部一徳のちょっといい話してあげる「もしも僕がイラク人だったら」【川崎ファクトリー】

懐かしの川崎ファクトリーにて、阿部さんのひとり芝居。
ヤヌー(シアター・ガラシのサウンドアーティスト。今流山児に留学中らしい^^)と再会♪

さて、劇団の大先輩、阿部さんのソロパフォーマンス「もしも僕がイラク人だったら」を観に行ったら、チケットがドライトマトで、パンフにはイラク料理「ショルバ・バージッラ」のレシピが載っていた。早速作ってみる。

うまいょぉぉ、これ!!!! a0015614_0323146.jpg
枝豆とトマトの味がしっかりスープに染み出して、塩もコショウもしていないのにやめられない・とまらない♪な味に仕上がってる。
どこかで食べたことがあるような、それでいて初めての味でした。…って、ダーのために作った夜ご飯なのに、しっかり先に賞味してしまった^^;あたしは今夜外食だしぃ~

阿部さんのパフォーマンスは素晴らしかった。
『爆弾が落ちたとき、どんな匂いがするんだろう。
想像することしかできないから、想像してみる。』
人間の想像力は無限だ。
想像の翼を羽ばたかせれば、人はひとっ飛び地球の裏側にも行ける。そこでは見たこともない人たちが、聞いたこともない言葉で話しながら、嗅いだこともないスパイスの匂いの漂う料理を食べているかもしれない。
TVや書籍で得た知識に助けられ、その想像はいくらでも飛躍できる。そこに描かれるのは、たぶん実際の世界とは違う、この地上のどこにもない、その人の中にしかない世界。

力強い語りに身を委ねれば、いつか来たこともないところに着いている。それは阿部さんの世界のようでありながら、自分自身の世界であることに気づき驚く。
阿部さんの声が自分の想像力の扉を押し開き、自分はいつのまにかその扉をくぐって旅に出ていたということに気がつくのは、パフォーマンスが終わったことを告げる観客の拍手が周囲の空間を埋め尽くしたときだ。

語りという芸術は健在。
否、昔も今も、洋の東西を問わずもっともプリミティブでありながらアバンギャルドな表現を許す、この懐の深い芸術を、私は幼い頃から今まで愛してやまないのだ。

自分が今創っている作品も、基本は「語り」。
絵本を題材に、音楽と演劇の融合を図る、しかしその基本は「語り」以外の何者でもない。
産みの苦しみに、痛むのはあいかわらず腹ではなく頭だけれど。観客が大人であろうが子供であろうが、彼らの背後の扉を音もなく開け、それぞれの旅に誘えるような、そんな作品にしたい。

実力不足なので、またもや七転八倒中。
[PR]
by uronna | 2006-11-18 13:42 | 劇評、書評、映画評

SPAC*イワーノフ/オイディプス【新国立劇場・小劇場】

SPACのイワーノフ&オイディプスを観劇
[PR]
by uronna | 2006-11-10 13:40 | 劇評、書評、映画評

SPAC*シラノ・ド・ベルジュラック【新国立劇場・中劇場】

フランスから成田へ帰国。
その足で新国立劇場に直行。
[PR]
by uronna | 2006-11-02 13:39 | 劇評、書評、映画評

復活。


by kawasaki Alice
プロフィールを見る
画像一覧