ソラソバ学習帳

<   2008年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

『ボムソング』&『瓶が森の河童』

しんゆりアートセンターと日本青年館のはしご。
どっちのプロダクションにも言いたい、「なんだこの時間設定は!!!?」


まず『ボムソング』の方だが、
土曜日の夜公演と日曜日の昼公演(しかも14時~)の2回きりとはどういうことだ!?
客席を埋めたかったのかもしれないが、せめて土曜日はマチソワの二回公演をやるべき。
制作サイドの驕りとしか受け取れない。
くっそ、ゆっくり観たかったし余韻も味わいたかったのに、公演の立て込む三月の週末に、やる気のない時間設定をする観客への配慮のなさ。素人くさいのか、鼻持ちならないプロ意識の表れなのか、どっちにしても誉められたものじゃないぜ。おかげで内容まで蓮っ葉に思えてきてしまう。高いおもちゃを与えられた学生達はもてあましつつも生かしきろうとがんばっていたけれど、、、結局大学のホールでやっても同じなんじゃないのかな?表でやることへの覚悟があまり見えてこなかったのが残念でした。

で、『河童』の方はというと、
日曜日の13時~と16時~の二回公演という、これまた「馬鹿にしてんのかぁ!?」的な設定。こっちは、事情・内情がわかるだけに、怒れないんだけどね。。。^^;
ふるさときゃらばんの代表作をこの青年館で見てからもう何年がたつだろう。
今回は友人達も多く出演している『体験塾』の公演ということで、「素人舞台のパワー」をもらいにいったはずが、なかなかどうして、成長していらっしゃる。
台詞がきちんと台詞になっている。歌も踊りも、きちんと見せられるものになっている。
いや、こんな当たり前のことができていなかったんだよ、一期とか二期のころは…。
さすがに九年目。もともと素人を扱うことに慣れているふるさときゃらばんだが、天城さんも充分にノウハウを成長させたんじゃないだろうか。全体のつくりはともかく、出演者のレベルアップぶりに感銘をうけつつ、青年館をあとにした。

舞台は結局情熱、愛情。
関わる人間の熱意が伝わってこなければ、観客はなにも受け取れないのです。

その意味では今日の舞台は双方、なにがしかのものを伝えてくれた。
[PR]
by uronna | 2008-03-23 22:54 | 劇評、書評、映画評

『パレルモ・パレルモ』

ピナ・バウシュを見てきました。

芸大一年生のとき以来だから、うぉ、6年ぶり?
いやー、あの頃に比べたらずいぶん自分、変わったのだろうと思います。
かつてピナバウシュを観たときは何も感じられなかった部分で、今回はずいぶんどっぷり鑑賞させてもらいました。

有名な開演シーンは、やはり圧巻のひとことにつきます。
果たしてこの壁はどっち側に落ちるのか!?いや、こっち側に落ちてきたら危ないので向こう側に落ちるに決まってるんですけどね。それでも、自分が想像をしていたのとはずいぶん違って意外とあっけなく、それでも重厚に落ちていきました。

落ちた瓦礫の上を歩くダンサー達。
ピナ・バウシュは、ステージの上で自在に軽やかに舞えるはずのダンサー達から自由を奪うことで、『パレルモ』というまちの、ひいては人間社会全般にかならず存在している制約を無言のうちに表すことに成功した。おぼつかない足取りで瓦礫の上を歩いてくる演者たちの背後にパレルモが背負っている歴史を見る。しかしそこはシチリア。暗さはない。

ピアノ演奏のシーンでは、涙が出てきてしまいました。
なんとまあ、すごいことをやってくれるのだ、と。
電撃が走るような感動を、この二階席の後ろにまで届けてくれるスケールの大きな舞台。
期待に違わぬプロダクションだ。

しかし、昭和音大の学生かと思える売り子さんのマニュアル化された対応にはちょっぴりがっかりしてしまいましたが。せっかく「世界の…」といえる舞台をやるんだから、売り子さんにも誇りとそれなりのソフィスティケーションが欲しいと思ってしまうのは、贅沢なんだろうか。
[PR]
by uronna | 2008-03-21 23:39 | 舞台のおはなし

赤鬼

a0015614_11491038.jpg


県立川崎高校演劇部 卒業公演
[PR]
by uronna | 2008-03-19 22:49 | 舞台のおはなし

『乳母車』

三好達治

母よ-
淡くかなしきもののふるなり
紫陽花いろのもののふるなり
はてしなき並樹のかげを
そうそうと風のふくなり

時はたそがれ
母よ 私の乳母車を押せ
泣きぬれる夕陽に向かって
轔々と私の乳母車を押せ

赤い総ある天鷲絨(びろおど)の帽子を
つめたき額にかむらせよ
旅いそぐ鳥の列にも
季節は空を渡るなり

淡くかなしきもののふる
紫陽花いろのもののふる道
母よ わたしは知ってゐる
この道は遠く遠く果てしない道

『測量船』に収められている三好達治初期の詩。
[PR]
by uronna | 2008-03-18 13:01 | Shisaku

『マイム病院物語』

汎マイム工房に所属する友人の発表会を観に、氷川台へ。
[PR]
by uronna | 2008-03-14 22:40 | 劇評、書評、映画評

『みなみちゃんを救え!コンサート』

詳細は
http://www.amrt.jp/lime
をご覧ください。
[PR]
by uronna | 2008-03-12 22:39 | 舞台のおはなし

『フリータイム』チェルフィッチュ

六本木のクラブにて、チェルフィッチュの『フリータイム』を観る。
[PR]
by uronna | 2008-03-05 22:38 | 劇評、書評、映画評

☆NOW ON AIR ☆    公演の情報と、稽古場日記。ソラソバティと県川演劇部の奮闘のきろく。
by uronna
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ


現在、川崎高校演劇部のブログとして運営中♪


過去ログはこちら

ウロンナフォークスの公演は終了しました。次回公演はタイムカプセルを掘り出す頃かもしれません。(胡乱だなあ)

ク・ナウカの役者陣によるムネモシュネーブログはこちら

以前の記事

2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな