<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

三条会の真夏の夜の夢

はじめに言っておく。

千葉はとほき国だ。
ねずみの国よりとほひのだ。
気のせいか植生すらちがふやうに思ふのだ。

長き電車の旅、人身事故のあらぬものかは。
千葉に行きたしと思へど
千葉はあまりに遠し。


余裕を持ってゆかれませい。

以上、開演ギリギリ滑り込みの言い訳を終わります。


演出家の世界観がはっきりしているそりゃあ見事な舞台でした。
劇団から大高さん、桜内さんが客演。照明は大迫さん。そして利賀の同期が出演するなど、とにかくどんなに忙しくても観に行かなければという顔ぶれ。

衣装は色とりどりの体操服風。体操服というよりはチームスポーツのユニフォームかな?という背番号つきのシャツをまとうアテネ人。妖精は陸上競技系?余興一座は学校の体操服。

それにしても圧巻なのは関さんのはっきりした『間合い』の取り方。ここまで鮮やかなのかと舌をまきました。どのような役者であってもこの『ずらし』の中で戯画の一部のように見えてくるのがすばらしい。結果的に役者ひとりひとりが個性を殺すことなく舞台の上に生きているのね。

久しぶりに大高さんの「にゃん」も見られ満足。桜内さんのハーミア、オリビア姫に続き好演。シェイクスピア喜劇女優として売り出せば良いかも(笑)

照明は言うまでもなく完璧。
今夜の芝居は、『メディア』パリ公演の時に知り合ったパリ在住の衣装家さんとご一緒していたのだが、彼女が言うにはパリの野外劇は昼間にやることが多いとか。
それって照明使わないってことだよね。。。古代ギリシャとかの野外劇もそういう芝居だったのだと思いますが、日本だとまず気候的に辛い気がする。
夜でも開演直後くらいまでは相当蒸してて、厚紙に印刷された演出ノート、大変助かりました…。

しかし三条会は意外と子供が見ても面白いかもしれないなぁ…。
[PR]
by uronna | 2008-07-29 00:36

『鬼子母の愛』

東中野RAFTにて。

シングルマザー女優 関根淳子の一人芝居デビュー作(なのかな?)。

物語のお庭 Vol.1 『鬼子母の愛』
岡本かの子作

物語を語りおろすスタイルは阿部さんと同じ。
でも、これはひとつのジャンルとしてあるものだし、
阿部さんが「語り」のトップに居る劇団の後進が、そのスタイルを踏襲したいと思うのは
ある意味当然な流れなのだろう。

会場奥に下手側にセットとして置かれた花の存在感にビビり、つい上手に席をとる。
なかなか強いオーラを持つ芸術作品が会場全体に睨みを効かせている。音楽も語りもこれに負けないようにするのは相当必要だ。いろいろと。


関根の語りは初めて聞いたけれど、
はじめのうちの鬼子母が買い物の通りすがりに子供を食べてしまうくだりなどはぞっとするほど良かった。テーマ選びが奏功している。自分にとって大切なテーマを、繊細に扱っているのがわかる。応援したくなる。

後半で登場人物が増えると、ちょっと扁平になり、息切れした感が見えたのが残念だったが、
全体的にはよい出来だったのではないかと思う。話も面白いし、子供を胸に抱く姿、いつくしむ姿にはある種余人に見られぬ美感があった。

あとは音楽にもう少し自己主張があっても良かったのではないか、キリリとした顔立ちの若くて素敵な奏者だったのだけれど。三味線の腕のよさは今回だけではあまりわからなかった。

こんなところだろうか、
稽古が忙しくてなんと二日連続で東中野に行く羽目になってしまったが(一日目は間に合わず誘っていた友人だけが行ったので、彼に会いに&詫びにいったのです^^;)、来た甲斐は充分にあった。なんだか元気をもらった気がする。


そうそう、当日パンフで託児の募集してたなあ…。
こういうのって、社会的になんとかならないものだろうか?
フランスだと、舞台家という資格を一回得ると仕事がない時期にも手当てがでるって聞いたけれど、そこまでじゃなくても何か、支援があるといいよね。
[PR]
by uronna | 2008-07-25 02:49 | 舞台のおはなし

『しあわせな日々』

a0015614_2363730.jpg


新宿サニーサイドシアターにて。
私もお手伝いしていました、先輩の野原さんの公演が大盛況のうちに楽を迎えました。

これについては私は一応「内部」の人間だったから、
劇評などを書ける立場ではありません。

しかし、これだけは言いたい。
演出の岩崎さんおそるべし。
ベケットは、私も大学時代にハマって、コラージュ的にやったことはあるけれど、
この戯曲をあれだけまともに扱っちゃう人、初めて会いました。

演出家っていう衒いがないのがいい、といわれたら、
演出家の立場はどうなっちゃうのかと普通は思うけれど、

でもやっぱりこれは役者と演出家の共同作業であって、
岩崎さんにしか作れない舞台なのだと思う。

野原さんという役者に魂を賭けて直球勝負しているのがわかるし、
野原さんも全身でそれを観客席に打ち返そうとしている。
岩崎さんは鈴木さんの影響を受けていると自分で言っていたけれど、
興味の対象が全然ちがうもの、開演後20分後くらいにはその「色」は消えていたと思う。


稲川さんという、稀有な身体性を持っている役者さんの参入もこの作品を「しあわせな」ものにしてくれたことだろう。


不条理は舞台の上ではなく、観客席にあるってことに気がついたら
この芝居を直球で扱うことは大正解なのかもしれない。


まあ、言ってみても感想の域をでないもの。
このあたりにしておこう。

ウィニー&ウィリー
a0015614_236539.jpg


ウィリーは本番中にお誕生日を迎えました★
a0015614_237612.jpg

[PR]
by uronna | 2008-07-21 01:33 | 舞台のおはなし

七月大歌舞伎『夜叉ヶ池』『高野聖』

人生初の桟敷席で歌舞伎を観て来ました。

演目的には絶対に観に行こうと思っていたのですが、まさか桟敷が取れるとは。ラッキーです♪


夜叉ヶ池の布陣は以下の通り。

百合…春猿
晃…段治郎
学円…右近
白雪姫…笑三郎

春猿さんって美しいですね。
若いときの玉三郎さんみたい。

白雪姫の笑三郎さんもきれいだったけれど、
春猿さんの二役で観たかった気もします。


高野聖は、女を玉三郎が、宋朝を海老蔵が演じる。

しかし、こうやって二つ連続で観ると
やはり夜叉よりも高野聖の方が数倍印象に残っているから不思議なものだ。
話はどちらともけっこう地味なのに。
高野聖があんなに面白くなるのは何故なんだろうな。

玉三郎に海老蔵というベストキャストのおかげなんだろうか?
海老蔵の「舞台の神様」に恵まれて生まれてきたような役者ぶりはなんなんだろう。
控えめな宋朝がこんなに似合うのに、おそらく昼の演目『義経千本桜』ではこれ以上なくダイナミックな狐忠信になって宙を舞っていたんだろうなぁ。

来月はいよいよ野田の登場だけど…チケットはとれてません。。。
唯一の休みに並ぶの嫌だなあ…(T-T)でも観たいな。。。


a0015614_18504846.jpg

[PR]
by uronna | 2008-07-13 18:50 | 舞台のおはなし

七夕の夜に

a0015614_1993872.jpg



玉川高島屋の屋上庭園にて狂言を見て来ました。
浴衣を着て。

うーん、マダムな気分です。(どのへんが?)

茂山千三郎さんによる、『蝸牛』です。太郎冠者が、カタツムリと山伏を間違える話。
狂言の楽しさがとてもよく出る好きな演目なのですが、あっという間に終わっちゃって、あとはディナータイムになってしまったのが残念。

しかも、ディナーに客が押しかけていて、なんだか世話しなかったのでちょっとすいてからとりにいこう、などと悠長に短冊に願いを書いたりしていたら、食べ物がなくなっていた…(T-T)

今宵のお客は狂言よりもディナー目当てだったと思われる。。。
伝統芸能の裾野を広げるこういうイベントの成否は、参加者の意識の高さにかかっているかもしれない。

図らずも、今日は祖父の一周忌だったので、短冊に願いを込めて。
舞台が跳ねたその足で実家に行き、お線香を上げてきました。


a0015614_1993843.jpg

a0015614_1993827.jpg


・ASH・
・Ayaka薰oniSHi・
[PR]
by uronna | 2008-07-07 19:09 | 舞台のおはなし

親の敵のように

最近芝居を親の敵のように観に行っているのは、
稽古期間に入るとまったく見られなくなってしまうからです。

観だめ。


しかし、忙しい中を無理して観に行っているので
ちっとも劇評や感想をかけません、、、ごめんなさい。
映像も含め、最近見たもの。

-ゲキ★シネ 「SHIROH」 by 新感線
(新感線の舞台って、映像向き!)

-村木さんライブ(劇団の先輩出演)
(空間とけだるい感じと、先輩の声がよく合っていた)

-コクーン歌舞伎「夏祭浪花鑑」 @シアターコクーン
(最高!これは、FM-Haroのエッセイに寄稿しました。7/23オンエア予定なので聴ける方は聴いて下さい★)

-「イリュージョン・コミック」「若き俳優への手紙」 by オリヴィエ・ピィ
 @静岡芸術劇場&野外劇場
(ことばの重みがのしかかる。久々に左脳系の芝居を観て、知恵熱が出そうだった)

-青年団新作 「眠れない夜なんてない」 @吉祥寺シアター
(初めて、心から平田さんの戯曲が面白いと思いました!キタ!)


上の公演はどれも面白くて、
色々書きたいことがあるのだが、ほんと書いてる暇がなぃ!!!
そのうち時間ができたら書きます。
とりあえず一言コメントのみで失礼。。。ドロン(←逃げた)
[PR]
by uronna | 2008-07-02 02:12 | 舞台のおはなし

『爆発する身体、封じ込める身体』


抜粋:

静岡通いのシーズンが始まった。
毎年…といっても私のこの習慣は昨年から始まったのだから、そんなに胸を張って言う理由もないのだが、とにかく毎年5月、6月は静岡県の舞台芸術センターで『春の芸術祭』と呼ばれる国際的な演劇フェスティバルが行われる。世界各地から、最先端の演劇やダンスのカンパニーが毎週のようにやってくるのである。川崎-静岡間を毎週のように往復するのだから、どんなにケチってみてもかなりの交通費がかかるわけだけれども、例えばこの演目を見るためにインドまで、ブラジルまで、カメルーンまで、フランスまで行ったらいくらかかるのか?と考えることですこしはオトクな気分に…というのは気休めだろうか。

そして、すばらしい演目に出会ってしまったときというのは、「プライスレス」というまるでどこかのカード信販会社のCMのような言葉が浮かんでくるもので、そんな体験をみすみす逃すことの方が怖い、と思ってしまう。それほど、この芸術祭の演目はすばらしいのだ。さて、今回はそこで観た二つの演目を比べてみる。

「遊べ!はじめ人間」というなんとも魅力的なタイトルの作品をひっさげて、フランスからやってきたのは、カメルーン人のニヤカム氏の率いるル・カルバスカンパニー。真っ黒な身体に真っ白な粉を塗りたくって、まるで手足が風になびいているかのような信じられない動きを見せてくれる。筋肉の躍動はまるで鍛え上げられたレースの馬を観ているかのような迫力である。演劇やダンスを観る楽しみのひとつに「演者の身体をじっくり見る」ということがあげられると思うが、ほんとうにいつまでも見つめていたい身体、筋肉、表情であった。踊っているうちに身体に纏った白い粉が少しずつ落ちていくのだが、ニヤカム氏によると、この白い粉こそが「原始」を表しているという。アフリカの大陸に原始の時代からぽっかり口をあけている洞窟の白土を取ってきて塗っていたということで、それは実に興味深い話だった。というのは、私には、原始が「白」というイメージはまったく無かったからである。

原始の色というのは何色だろうか?それは人それぞれだと思うが、私は最初、といわれると漆黒の闇を思い描いてしまう。色というのは厳密には光だから、闇には色は無いのだが、だとしたらまあ、黒だ。そしていわゆる原色の赤、青、黄色が出てきて、最後に白がくるのではないか、と思うのだ。

その同じ日の夜、日本平の中腹にある舞台芸術公園のなかのBOXシアターにおいて、新潟のダンスカンパニー、ノイズムによる『Nameless Hands~人形の家~』が上演された。こちらは一転、人形芝居小屋をイメージした薄暗い照明のなか、人形達と人形遣いに扮したダンサー達が高度に統制された演出のもとで心技体の限りを見せる。5月に同じ舞台芸術公園の野外劇場で舞踏『ヒベリニヨ』を見たときにも感じたのだが、日本人の得意な世界はすこし妖しさの漂う、身体の中の小宇宙的なものを見せるときに最大に発現されるのではないだろうか。非常に強い抑圧に押し込められているような身体は、その内面に小宇宙を抱えているように見えて仕方が無い。ル・カルバスカンパニーの演者の宇宙は明らかに彼らの外にあり、彼らを包んでいるように見えたのだが、Noismの演者達の宇宙はどうやら、身体の中に広がっているようだ。この夜「遠吠え」していたのはダンサー達の内部に広がる大小の銀河だったのか、はたまたその中にひときわ輝く恒星か。
観客の既視感をうまく多用した演出は、金森穣にしては珍しく泥臭かったが、終わり近くで血の色をした飛沫を全身にうけながらダンサーの裸体が咆哮を挙げるシーンでは、先ほど頭にちらついた「原始の色」という言葉が想起された。なるほど、日本人の原始の色は血潮の色なのかもしれないなと考えているうちに幕となり、「芝居小屋」を轟かさんばかりのアプローズが鳴り響いた。一番盛大なスタンディングオベーションを呈していたのは黒い肌の筋骨も壮美な一団…他でもないル・カルバスのメンバーたちであった。
[PR]
by uronna | 2008-07-01 23:55 | 劇評、書評、映画評

復活。


by kawasaki Alice
プロフィールを見る
画像一覧