ソラソバ学習帳

<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

BLASTED 初日あけました

静岡舞台芸術公園、BOXシアターでのブラスティッド、無事に幕開きです☆

写真は初日のレセプションの様子。

是非とも見ていただきたい作品です☆
チケットは残り少ないですが、まだ21日夜の追加公演ならば予約できるはずです!


a0015614_18225962.jpg

挨拶をする宮城芸術監督。

a0015614_182259100.jpg

演出家ダニエル・ジャンヌトーとケイト役の布施さん。

a0015614_1823069.jpg

イアン、兵士も飢餓状態からの帰還!?
[PR]
by uronna | 2009-06-13 23:22

ブラスティッド

a0015614_23441541.jpg

茶畑とケイト。

私のブログにこのキャプション(○○とケイト)が載るのは初めてではない…懐かしいような妙な感じ(笑)

いよいよ今年も静岡春の芸術祭スタートです。

私が関わっている『Blasted』は来週から。
http://www.spac.or.jp/09_spring/blasted

劇場の前に着くなりかつての兵士役、M山さんと会ってなんだか笑えた。彼の出演する『ふたりの女』の稽古もそろそろ佳境かな。

チケットは早々に売り切れになってしまっていましたが、なんと21日夜に追加公演が決定!チャンスです。

SPACチケットセンター Tel: 054-202‐3399
[PR]
by uronna | 2009-06-06 23:44 | 舞台のおはなし

阿修羅との邂逅

a0015614_1561396.jpg


この景色。
ノスタルジーを感じるような、別にまだそんなときじゃないような。



目を瞑っても歩ける上野公園の中。
平成館への距離も身体の中に叩き込まれている。
うっかりしていると、通り過ぎて大学の方へ吸い込まれていってしまうけれど。


さて、

阿修羅は、、、

そりゃあすごい数の人間に囲まれていた。


色々な時代の為政者の思いを受け止めてきた阿修羅も、
これには驚いたんじゃないかな。


本来見せるつもりじゃないんだろうに、顔の無い背中からもじろじろ見られて。
(もちろん怯んだりはしないのだろう。)


ルーブルなんかでも思ったけれど、
その像の神々しさみたいなものは、
人間の視線をどれだけ受け止めてきたか、なのかもしれない。
その視線が膜みたいに表面に蓄積されていって、やがて内から光を放つのかもしれない。


もちろん、製作者の魂みたいなことも、あるとは思うけれど。
像の形を取った時点で、「それ」は誰か他の人に捧げられるのだろう。


「今の世は仏の末法」という台詞がふと心をよぎる。
空前の仏像ブームというけれど。

すがるものが必要になってくる時代、
満員電車のような人いきれの中で拝む少年のような阿修羅像に
人々は何を期待するのか。


ある人はそこに歴史の息吹を感じ、
ある人はそこに匠の業を見、
ある人はそこに、自分の内面を発見する

すべての美術品は押しなべてそういうものであるけれど

阿修羅は、、、いや、仏像というものは
普段窺い知ることも無い神や仏の領域が
「自分の世界」に存在することを確認をさせてくれる。


孤独ではないと

言われている気がするのだろうか?
[PR]
by uronna | 2009-06-04 01:56 | その他のおしゃべり

村上春樹のエルサレム賞受賞スピーチ(原文)

いまさらだけどネットで拾ってきた。
時間があるときに少しずつ訳してみようかな。

やっぱ一人称は「僕」なんだろうか…。

“Jerusalem Prize” Remarks

Good evening. I have come to Jerusalem today as a novelist, which is to say as a professional spinner of lies.

Of course, novelists are not the only ones who tell lies. Politicians do it, too, as we all know. Diplomats and generals tell their own kinds of lies on occasion, as do used car salesmen, butchers and builders. The lies of novelists differ from others, however, in that no one criticizes the novelist as immoral for telling lies. Indeed, the bigger and better his lies and the more ingeniously he creates them, the more he is likely to be praised by the public and the critics. Why should that be?

こんばんは。本日、僕は小説家として…すなわち、嘘を紡ぐことを本業にしている人間としてエルサレムにやってきました。

もちろん、小説家ばかりが嘘つきというわけではありません。ご存知の通り政治家も嘘をつきます。外交官も将官も、それぞれの立場にふさわしい嘘を場合に応じてつきますし、中古車のセールスマンであっても肉屋であっても、建築業であっても同じです。しかしながら、小説家の嘘は、誰からも不道徳だと批判されることがないという点でそれらとは異なるものです。実際、より大きくてうまい嘘を生み出すほど、その人は世間や批評家から多くの賞賛を受けることになります。なぜそうなるのでしょう?

My answer would be this: namely, that by telling skillful lies--which is to say, by making up fictions that appear to be true--the novelist can bring a truth out to a new place and shine a new light on it. In most cases, it is virtually impossible to grasp a truth in its original form and depict it accurately. This is why we try to grab its tail by luring the truth from its hiding place, transferring it to a fictional location, and replacing it with a fictional form. In order to accomplish this, however, we first have to clarify where the truth lies within us, within ourselves. This is an important qualification for making up good lies.

僕の答えはこうです。つまり、巧みな嘘をつくことによって…言い換えれば真実であるかのようなフィクションを作り上げることで、小説家はひとつの真実を別の場所に取り出して、新たな光を当てることができます。ほとんどの場合には、真実をありのままの姿で把握し、正確に描写するようなことは実質的に不可能です。だからこそ、僕達小説家は隠れ家に身を潜めている真実をおびき出し、フィクションのなかに配置して、フィクションの形をとらせることでその尻尾をつかもうとしているのです。しかしながら、これを達成するためには何よりも先に、僕達の中の、自分自身の中の何処に真実があるのかということを明らかにしなくてはなりません。これは上手な嘘をつくためのとても重要な適性です。

Today, however, I have no intention of lying. I will try to be as honest as I can. There are only a few days in the year when I do not engage in telling lies, and today happens to be one of them.

So let me tell you the truth. In Japan a fair number of people advised me not to come here to accept the Jerusalem Prize. Some even warned me they would instigate a boycott of my books if I came. The reason for this, of course, was the fierce fighting that was raging in Gaza. The U.N. reported that more than a thousand people had lost their lives in the blockaded city of Gaza, many of them unarmed citizens--children and old people.

しかし今日は、嘘をつくつもりはありません。できる限り正直になろうとしています。僕が嘘をつくことをしない日は一年の内にほんの数日しかないのですが、今日はその日に当たったようです。

それでは、本当のことを言わせてください。日本ではかなり多くの人にここで行われるエルサレム賞の受賞式には出席しないほうがいいと言われました。もしも出席したら、僕の本の不買運動をするぞと警告してくる人たちもいました。その理由は勿論、ガザで繰り広げられていた激しい闘争のためです。国連は1000人を超える人々が封鎖されたガザ地区で命を落としたと報告しています。その多くは武器をもたない子供やお年寄りだったということです。

Any number of times after receiving notice of the award, I asked myself whether traveling to Israel at a time like this and accepting a literary prize was the proper thing to do, whether this would create the impression that I supported one side in the conflict, that I endorsed the policies of a nation that chose to unleash its overwhelming military power. This is an impression, of course, that I would not wish to give. I do not approve of any war, and I do not support any nation. Neither, of course, do I wish to see my books subjected to a boycott.

受賞の知らせを受けた後、何度も何度も僕は自問しました。このような時期にイスラエルに行って文学賞を受け取ることが正しいことなのかどうか、闘争中の一方の組織に加担したような印象を与えないだろうか、その圧倒的な軍事力をほしいままにする国策を支持したようにとられないだろうか。
もちろんそんな風に思われるのは望ましくないことです。僕はどんな戦争も是認しませんし、どんな国家も支持しません。そして当然僕の本がボイコットされているのも見たくはありません。

Finally, however, after careful consideration, I made up my mind to come here. One reason for my decision was that all too many people advised me not to do it. Perhaps, like many other novelists, I tend to do the exact opposite of what I am told. If people are telling me-- and especially if they are warning me-- “Don’t go there,” “Don’t do that,” I tend to want to “go there” and “do that”. It’s in my nature, you might say, as a novelist. Novelists are a special breed. They cannot genuinely trust anything they have not seen with their own eyes or touched with their own hands.
And that is why I am here. I chose to come here rather than stay away. I chose to see for myself rather than not to see. I chose to speak to you rather than to say nothing.

Please do allow me to deliver a message, one very personal message. It is something that I always keep in mind while I am writing fiction. I have never gone so far as to write it on a piece of paper and paste it to the wall: rather, it is carved into the wall of my mind, and it goes something like this:

“Between a high, solid wall and an egg that breaks against it, I will always stand on the side of the egg.”

Yes, no matter how right the wall may be and how wrong the egg, I will stand with the egg. Someone else will have to decide what is right and what is wrong; perhaps time or history will do it. But if there were a novelist who, for whatever reason, wrote works standing with the wall, of what value would such works be?
What is the meaning of this metaphor? In some cases, it is all too simple and clear. Bombers and tanks and rockets and white phosphorus shells are that high wall. The eggs are the unarmed civilians who are crushed and burned and shot by them. This is one meaning of the metaphor.

But this is not all. It carries a deeper meaning. Think of it this way. Each of us is, more or less, an egg. Each of us is a unique, irreplaceable soul enclosed in a fragile shell. This is true of me, and it is true of each of you. And each of us, to a greater or lesser degree, is confronting a high, solid wall. The wall has a name: it is “The System.” The System is supposed to protect us, but sometimes it takes on a life of its own, and then it begins to kill us and cause us to kill others--coldly, efficiently, systematically.

I have only one reason to write novels, and that is to bring the dignity of the individual soul to the surface and shine a light upon it. The purpose of a story is to sound an alarm, to keep a light trained on the System in order to prevent it from tangling our souls in its web and demeaning them. I truly believe it is the novelist’s job to keep trying to clarify the uniqueness of each individual soul by writing stories--stories of life and death, stories of love, stories that make people cry and quake with fear and shake with laughter. This is why we go on, day after day, concocting fictions with utter seriousness.

My father passed away last year at the age of ninety. He was a retired teacher and a part-time Buddhist priest. When he was in graduate school in Kyoto, he was drafted into the army and sent to fight in China. As a child born after the war, I used to see him every morning before breakfast offering up long, deeply-felt prayers at the small Buddhist altar in our house. One time I asked him why he did this, and he told me he was praying for the people who had died in the battlefield. He was praying for all the people who died, he said, both ally and enemy alike. Staring at his back as he knelt at the altar, I seemed to feel the shadow of death hovering around him.
My father died, and with him he took his memories, memories that I can never know. But the presence of death that lurked about him remains in my own memory. It is one of the few things I carry on from him, and one of the most important.

I have only one thing I hope to convey to you today. We are all human beings, individuals transcending nationality and race and religion, and we are all fragile eggs faced with a solid wall called The System. To all appearances, we have no hope of winning. The wall is too high, too strong--and too cold. If we have any hope of victory at all, it will have to come from our believing in the utter uniqueness and irreplaceability of our own and others’ souls and from our believing in the warmth we gain by joining souls together.
Take a moment to think about this. Each of us possesses a tangible, living soul. The System has no such thing. We must not allow the System to exploit us. We must not allow the System to take on a life of its own. The System did not make us: we made the System.
That is all I have to say to you.

I am grateful to have been awarded the Jerusalem Prize. I am grateful that my books are being read by people in many parts of the world. And I would like to express my gratitude to the readers in Israel. You are the biggest reason why I am here. And I hope we are sharing something, something very meaningful. And I am glad to have had the opportunity to speak to you here today. Thank you very much.
[PR]
by uronna | 2009-06-02 01:30 | その他のおしゃべり

『1Q84』


この忙しいのに、村上春樹の新作が出たりするから…。

寝不足な日々が続きます(笑)。



ますます書評作成不可能な村上春樹ワールド。
うかつな書評をかけないところは、ある種の劇団と同じ!?

今回の作品は、『ノルウェイの森』のテイストを残したまま、

『世界の終わり~』の構造をちょっと現実的にして使って、

『ねじまき鳥』のメインテーマを引き継いで、

『アフターダーク』と『スプートニク』を隠し味にしたような作品。

もちろん『アンダーグラウンド』は下敷きにある。




面白いとか、面白くないとかではなく、
『世界』
というものの見え方、捉え方について、
これほど刺激をくれる作家もいない。


人がそれぞれに世界を持っていることはとても孤独なこと。
同時にそれが、このうえない自由。



もう一度読み返したいのだが、時間がない…。。。
『ねじまき鳥』のこともあるから、続編が出ると思っている人は多いのだろうけれど…。
これで完結しても別にかまわないと思う。
続くのであれば、それは永遠に近い話になるだろうし。
[PR]
by uronna | 2009-06-01 17:34 | 劇評、書評、映画評

☆NOW ON AIR ☆    公演の情報と、稽古場日記。ソラソバティと県川演劇部の奮闘のきろく。
by uronna
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ


現在、川崎高校演劇部のブログとして運営中♪


過去ログはこちら

ウロンナフォークスの公演は終了しました。次回公演はタイムカプセルを掘り出す頃かもしれません。(胡乱だなあ)

ク・ナウカの役者陣によるムネモシュネーブログはこちら

以前の記事

2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな