<   2010年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ペール・ギュント


静岡芸術劇場にて。

a0015614_11243455.jpg


私はだいたい、先輩諸氏の演出作品を見るときに、書き下ろし作品でない場合は先に戯曲を読んで、自分の演出プランをたててから観るようにしている。

いつからそういうことを始めたのかはよくわからないが、日常的なトレーニングの一貫みたいなものだ。


今回は「ペール・ギュント」ということで、発表されてすぐそういえば読んでなかったなあと思いながら図書館に向かい分厚い「イプセン全集」を借りてきたのだけれども。

レーゼ・ドラマという言葉を知った頃にいくつか読んだ、活字から読者の想像力を経て立ち上がる舞台とはまた違う迫力がこの作品にはあるような気がする。旅をしている頃、ノルウェイの友人たちが、自嘲と誇りを込めて語ったノルウェイの気質みたいなものが、そこには満載だった。つまり、日本人がこの作品に取り組むのであれば、物語の中に自分達に通じるになんらかの必要性を見出さなければ無意味とまでは言わずとも、空洞の多いものになりそうな危惧を感じるのだ。

私ならばどうするか?そのプランをここでくどくどしく紹介することは本意ではないのでやめておく。

宮城さんの舞台は、前掲の問題を「日本人のアイデンティティ」の問題に準える、意欲的な試みでそのボリューミイな3時間のおかげで私は当面、この作品に対する食指が動かないだろうということも明確になった。(演出家の皆さん、見た作品が物足りなかった場合、自分がもっと面白くしてやるぞって思ってしまうこと、ありません?)

すごろくを模した舞台セットは、相変わらず圧巻。
綺麗だし、想像力をかきたてられるし、こういうところから観客を「連れ去る」工夫を怠らないのは、立派なことだと思う。誰にでも出来ることではないけれど、SPACにはやってほしいと思うことである。

すごろくなのだから、最後は「ふりだしにもどる」のだろうなぁ、、、
と最初から結末が見えてしまうのも、まぁこの場合は多少のネタバレごときでは揺るがない本編の構成の強さにものいわせ、無問題。

指揮者がパーカッションを指揮しているのがなんとも宮城節。
舞台を取り囲むオケピに所狭しとならべられた原始楽器の数々に、メロディラインを載せるのは俳優の身体と台詞なのだ。果たしてそれは、グリーグの名曲の数々を瞬間風速的にでも越えたのか?
こたえは観客それぞれの胸のうちに。


今回は卒業公演の終わった高校生を伴っての観劇だった。
一番人気は、女生徒たちの圧倒的支持を得て、ペールの母親オーセだった。

しばらくうちの演劇部で男子の背中に乗って「ペぇぇぇールぅぅぅ!!!!」と叫ぶという、オーセごっこが流行っていたらしい。。。w



吉植さん、ラーメンご馳走様でした^^
先輩諸氏にも終演後お会いできて嬉しかったです。
[PR]
by uronna | 2010-03-20 23:21 | 舞台のおはなし

川崎高校天守物語

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

無事に本年も卒業公演を遂行し、3名の卒業生を送り出すことができました。

スティールは最近、写真のほうでも活躍目覚しい本城典子さんの撮影です。
(ダウンロードの際はご一報下さい)


a0015614_11164123.jpg


a0015614_117771.jpg


a0015614_1172543.jpg


a0015614_1119539.jpg


a0015614_11183184.jpg





以下は、パンフレットに載せた文章の抜粋。パンフ貰ってくるの忘れたのでとりあえずここに残しておく。



***

ご卒業おめでとうございます。
早いもので、私が初めてこの学校の門を潜ってから3年が経ちました。
今回卒業する生徒達とは「同期」ということになります。告白すると、初めての文化祭公演『夜叉ヶ池』は、私の10余年の演劇人生でもっとも「心臓に悪い」舞台でした。あんなに手に汗を握りながら舞台を見守ったことは後にも先にもありません。けれどそれから2年後、彼らはしっかりと同じ「夜叉ヶ池」を完成形で再演することに成功し、今回はついに鏡花の最高傑作と呼び声の高い『天守物語』に挑戦するのです。

「演劇」というアナログな芸術に真剣に向き合うということは、自分の人生でだけではなく他人の人生をも見つめる作業に他なりません。他人の痛みを自分のものとして引き受けられる強さと優しさが必要になります。皆そのことを部活動の中で身をもって学んでくれたと思います。
そして稽古のなかで培われた、かたちのないものを心の目で見る力は、これから皆さんがどんな道を進んでいくにせよ、強い武器になるはずです。広い世界に羽ばたく、翼を得た君たちに心からおめでとう。これからはライバルですね。

***


こういう文章って、後から読むと少々笑えますがw

「演劇力」とは、世界に羽ばたく翼である。このことは誰になんと言われようと譲らないもんね。

みんな、おつかれさまでした。
[PR]
by uronna | 2010-03-18 10:17 | 舞台のおはなし

復活。


by kawasaki Alice
プロフィールを見る
画像一覧