<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アシタの国のアリス

Ashです。

しばらくコチラのブログを放置してしまってすみません。

GWの最終日の5月8日に、ここ数年一緒にお芝居をつくっている高校生たちの公演があります。3月、完成間近だったこの作品は、大きな地震によって中止か延期かの決断を迫られました。メンバーはそれぞれにいろいろ考えて、この時期に公演を順延することを決定しました。
卒業公演なのに5月、というこの不思議な日程になったのは、そういう事情です。

私自身は石巻市、そして客船ふじ丸に乗ってのボランティア活動に行ってきました。
(その活動については、アメブロの個人ブログで少しずつ記録しています。)
http://ameblo.jp/akeisha/


「私たちのかわりに行って来て下さい」と彼らは背中を押してくれました。
私がいない間も作品を成長させることを約束して。
だから、この作品はもう私の手を離れて、すっかりかれらのものになっています。
3月に上演しようとしていたものとはまったく異なるものになっていることは間違いないですが、試練を経て俳優も、作品も、強くなったのではないかと思います。

待ち望んだ春が来て、卒業生たちは新生活を始めています。
わたしが行っていた時、まだかたくつぼみを閉じていた被災地の桜も咲いて、葉桜になっているそうです。

いよいよ、作品を上演できるということに感謝しています。
卒業生達も、高校に戻ってきます。

これは、ひとつの世界の終わり。
そして、アシタという世界の始まりです。
夜明け前の若鳥たちが飛び立ってゆく様を、どうか、見届けて下さい!

Ash@ソラソバティ



‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
☆県立川崎高校演劇部/2010年度卒業公演☆

『アシタの国のアリス』
またの名を、世界のはじまり、そしてソナタ・イン・ワンダーランド。

「-いつか、これから先に、上手に生きれる日はくるのかな?」
夜明け前の僕たちは、大切なことを思い出すためにワンダーランドに迷いこんだ…。

音楽と身体性にこだわり続ける川高演劇部と、鋭い現代感覚で
聴衆の心を掴むBack Number Period. とのコラボレーションがついに実現!
衝撃(笑劇)の現代日本版音楽劇『不思議の国のアリス』ここに誕生!

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

本公演は3月23日上演予定でしたが東日本大震災の影響により5月8日に延期となりました。
私達はこのような時だからこそ演劇の力で少しでも日本を明るく温かく出来たらと思い、
上演を決断しました。今回の作品には未来に繋がるセリフがたくさんあります。
それらに言霊を込めて、明日に飛ばしていきたいと思います。
なお会場で義援金を募り被災地の方々に届けたいと思いますので、ご協力お願いします。
皆様のご来場をお待ちしております。
(卒業生代表:下村真梨奈)


◇日時
5月8日(日)13:45開場、14:00開演
◆場所
県立川崎高校視聴覚ホール
http://www.kawasaki-h.pen-kanagawa.ed.jp/

◇アクセス

川崎駅地下街アゼリア17番階段から4番乗り場へ。
「川28京町循環」か「川30鶴見駅東口」に乗車『二の辻』で下車後徒歩2分
(川崎駅東口から歩くと15分~20分)
または、南武支線川崎新町駅より徒歩二分。(本数僅少の為ご注意下さい)
http://www.kawasaki-h.pen-kanagawa.ed.jp/koutuu.html

◆入場無料

◇作・演出 Ash
◆出演者
(県立川崎高校演劇部)
若林孝亮
下村真梨奈
太田垣美咲
長谷部詩織
金子愛
宮田優希子
倉田明日香
小澤麻鈴
浅沼貢
宮本真那
玉橋優 (BNP) Vo.Gt.
渡辺康祐 (BNP) Dr.
岡林由芽 (BNP) Vo.Gt.

◇演奏 Back Number Period.
http://backnumberperiod.web.fc2.com/

◇スタッフ
照明 白馬里咲子/金子昌樹
音響 馬場美羽
音楽 玉橋優
コント台本 若林孝亮
衣装 (県立川崎高校裁縫同好会 )
中野カミーユ 細田ひかる 田邊沙帆 中島睦子
制作 下村真梨奈/金子愛
[PR]
by uronna | 2011-04-27 02:16 | 舞台のおはなし

ただいま&もう少しだけ行ってきます。

ただいまぁ!

石巻市でのボランティアから帰って来て、さっき一週間ぶりにお風呂に入ってHappyです。

昨夜は現地で震度六の余震に遭って、
避難所への避難も経験するというおまけつきでした。
心配してメールやツイート下さったみなさん、ありがとうございました。
ひと月前と同じで、いまだに揺れている感覚が残りますね。

石巻市内は着々と復旧にむけて動いていました。
コンビニやお店も、どんどん開き始めています。

港に近い中央部分の個人の商店などは店内に大量に流れ込んだ泥や、店先につっこんだ車や船(!)などの撤去に時間がかかり、なかなか動き出せずにいます。ボランティアの主な仕事はそういう個人の家やお店の泥かき作業や炊き出し、それから物資の仕分けなどでした。(←これがなかなか大変)

撮った写真はfacebookに載せました。(FBアカウントがなくても見られます)
http://www.facebook.com/album.php?aid=2116577&id=1321702069&l=c7736bb43e
活動が忙しく、あまり多くの写真はとれませんでしたが、
私はジャーナリストではないので、このくらいがいろいろな意味でマックスです。
特に雄勝では一日目にはまったく写真を撮る気持ちにはなりませんでした。
それでも、人間は記録する欲求というか、衝動があるのかもしれません。
二日目にはなにかに突き動かされるように写真を撮っていました。

さまざまな年代、国籍のメンバーが集まり、海外でミュージカルをしていた日々を
思い出すような濃さとHuman love な環境でした。
さまざまな人間が真剣に復興の手助けをしたいと願って集まり、でも深刻になりすぎず
楽しみながらやっている、その点が被災地に明るさをもたらしているのかもしれないと
勝手に思いました。

本当に、物資のご提供などでご協力いただいた方には感謝致します。
いろいろとっても役にたちました。
食べ物はもちろん、テント、寝袋、防寒着、長靴、シューズ、ガス、そのほかいろいろ。
みなさんが迷いながら入れてくれたものは、それぞれ「わぁ、これかなりつかえる!」
という役立ち方をしてくれました。細かくはまた折をみてご報告したいです。
そして、少し残った物資は、現地からまた新たな被災地へ旅立つ仲間達へ思いを託して
渡したり、石巻に留まって復興活動を続けるメンバーに手渡して来たりしました。
それでも残ったものは…


古巣の内閣府の外郭団体IYEOからの要請で、「ふじ丸」による被災地支援企画のクルーとしての乗船がきまったので、そこで全て活かしてくる所存です。具体的には、被災地の避難所に居る方へのお風呂や寝所の提供をするということで、昨日までのようなサバイバル生活ではないので、ご心配なくw。大船渡、釜石、宮古と寄港して、18日に戻ってきます。

お仕事の関係者の方々には「おいおい(^^;)」と思われること毎度覚悟の上ですが、最終的にはいつも「行けよ」と送り出していただいて、感謝しています。動ける人間が動かないと復興の底力が上がっていかないということを実感してしまったもので。表現活動でない体当たりのボランティアはこれがラストのつもりだからお許し下さいまし。
演劇部の練習も少しみられなくなりますが、みんななら大丈夫だからがんばってね。
ソラソバのメンバーは、月末の小発表会に向けて各自の小作品をブラッシュアップよろしく!

それでは、もう少しだけ行ってきます........((((( ´ρ`)ノ

Ash
[PR]
by uronna | 2011-04-09 02:22 | お知らせ

ちょっと行ってきます。

4月になりましたね!

本日から主宰のAshはちょっと宮城県の石巻市へ。

あ、これ嘘じゃないですYo。


ピースボートの組織的なボランティアなので、

一人で無謀にゲリラパフォーマンスをしにいくとかじゃないので、

安心して下さい。

むこうでは、完全にガテン系の仕事がまってると思います。

若い私がいかなくてどうする!w

アート活動をしている人間は、組織の歯車としてはなかなか使えない奴が多いんですが、

わたしも普段はムリなんですが、

こんなときぐらいムリしてもいいや(笑)

歯車上等!


色々な方からの支援をいただいたので、

きちんと現地に届けてこようと思います。

また、こちらで報告しますね!

留守の間、川崎を守ってくれるメンバー、ありがとう♪


しかし、例によってまだパッキングが終わっていないぞ。

しかも、ちゃんと稽古をやってから行こうと思ってるんだぞ。

本日の稽古は『優しい嘘大会』実施予定です。

被災地に笑顔を、
関東にも笑顔を!!

Ash
[PR]
by uronna | 2011-04-01 11:21 | お知らせ

復活。


by kawasaki Alice
プロフィールを見る
画像一覧