記憶についての物語

ムネモシュネーは、記憶についての物語
今日から本格的に稽古が始まったムネモシュネー。今日はまず、全体でのミーティングでした。一行も書いてない作家としては、ドキドキしながら参加。(笑)

掘り起こし作業、それを「ソースワーク」とユディはいっていたけれど、このプロセスは有効だと思う。自分では気付かなかったことが、ほかの人の話を一生懸命考えることで分かってきたり、または新たに知ることになったり。

まずは、参考資料の読破から。
知恵熱でそうですが、ひとがんばりしなくてはです。。。

舞台芸術 記憶と芸術
ボルヘス『伝奇集』
[PR]
by uronna | 2006-04-27 01:42 | ムネモシュネー稽古場日記